【CLポイント解説】アーセナルを木っ端微塵。バイエルン大勝を生んだ4大要素

カテゴリ:ワールド

遠藤孝輔

2015年11月05日

バイエルンにとって理想的だった10分の先制点。

バイエルン対アーセナル戦の結果&フォーメーション。

画像を見る

2ゴールを挙げてバイエルン大勝の立役者となったミュラー(右)。チェフの好守がなければハットトリックもありえた。(C)Getty Images

画像を見る

 チャンピオンズ・リーグ4節、アーセナルとのリターンマッチに臨んだバイエルンが、本拠地アリアンツ・アレーナで怒涛のゴールラッシュを披露。69分に1ゴールを奪われたものの、大量5ゴールを叩き出し、ラウンド・オブ16進出に王手をかけた。

 ■ポイント1
敵のゲームプランを狂わす10分の先制点

 
 堅守速攻を狙うアーセナルをいかに崩すかがテーマだったバイエルンにとって、理想的だったのが先制点だ。
 
 7分にアラバ、8分にD・コスタがミドルを狙うと、10分、チアゴが輝きを放つ。おそらくはシュートに意識を傾けざるをえなかったアーセナル守備陣の意表を突く浮き球のパスを最終ラインの裏に送り、レバンドフスキのゴールを華麗に演出したのだ。
 
 失点を避けるべく、守備重視の姿勢で試合に臨んでいた敵のゲームプランを早々と破壊すると同時に、敵地では1ゴールも奪えなかったバイエルンに余裕をもたせる重要な得点となった。
 
 
■ポイント2
エジルの“幻のゴール”

 
 あっさりと失点した直後、アーセナルが鋭い速攻でノイアーの牙城を崩す。モンレアルのクロスにエジルが合わせて、ネットを揺さぶったのである。
 
 しかし、判定はノーゴール――。腕でボールを押し込んだとして、イタリア人レフェリーのロッキ氏は歓喜を爆発させていたエジルにイエローカードを提示した。
 
 実際は腕を身体に密着させていただけに、アーセナルにとってはあまりにも手痛い“幻のゴール”となった。
【関連記事】
【チャンピオンズ・リーグGS第4節】バルサ快勝 & バイエルンは5発大勝でリベンジ etc.
【CLポイント解説】不測の事態が生んだ「地味な主役」
【プレミア現地コラム】スウォンジー戦でも存在感!! チェフはアーセナルを頂点に導きうる新守護神だ
【連載】“超偏愛”4コマ漫画「COME ON YOU ARSENAL!」第5回:心ここにあらずのガナーズ
現地ベテラン記者が香川真司を密着レポート「ドルトムントを支える“魔法のカルテット”にまつわる去就の噂」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ