• トップ
  • ニュース一覧
  • 武藤、ワールドクラスのストライカー顔負けのフィニッシュ3発!――アウクスブルク 3-3 マインツ

武藤、ワールドクラスのストライカー顔負けのフィニッシュ3発!――アウクスブルク 3-3 マインツ

カテゴリ:海外日本人

遠藤孝輔

2015年11月01日

ホームチームを奈落の底に突き落とす93分でのハットトリック。

 10月31日のブンデスリーガ第11節、アウクスブルク対マインツは筋書きのないドラマのようなフィナーレを迎え、3-3の引き分けに終わった。
 
 主役を演じたのは、敗色濃厚のアディショナルタイムに起死回生の同点弾を叩き込んだ武藤だ。
 
 試合を通してイニシアチブをとっていたのは、ホームのアウクスブルク。3日前の国内カップ2回戦(対フライブルク)で3-0の完勝を収めた勢いそのままに、立ち上がりからマインツを圧倒する。2分にチ・ドンウォン、4分にフォイルナーが積極的にシュートを放つと、中盤の主導権争いも完全に制圧。ボールを支配して、攻勢を強める。
 
 しかし、先制点は防戦一方だったマインツに生まれる。18分、デ・ブラシスがエリア内でホン・ジョンホとの1対1を制して、ゴールラインぎりぎりのところからゴール前にラストパスを供給。これを武藤が倒れ込みながら左足で泥臭く押し込んだ。
 
 まさに一太刀でアウグスブルクを斬り捨てた武藤は、30分、再び大仕事をやってのける。バイタルエリアをドリブルで切り裂いたマッリからハイロを経由して、自身の足下に流れてきたボールをダイレクトで叩き、チームに2点目をもたらしたのだ。
 
 それでも下を向かずに、主導権を握り続けたアウグスブルクは42分、フェルハーフのPKで1点差に詰め寄ることに成功。そして50分、待望の同点ゴールを挙げる。緩急をつけたドリブルで右SBバログンをかわしたカイウビが左サイドから好クロスを送り、点で合わせたク・ジャチョルが昨シーズンまで所属した古巣のネットを揺らしたのだ。
 
 足を止めずにハードワークし続け、攻めに攻め込んだアウグスブルクが勝ち越したのは81分。カイウビとのワンツーでエリア内に侵入したボバディージャの豪快な左足シュートが決まり、本拠地WWKアレーナが大歓声に包まれた。
 
 しかし、これで試合は終わらなかった。
 
 20本以上のシュートを放ち、ボール支配率は終始70パーセント近くと、ホームチームが内容の伴った逆転勝利を収めるかと思われた93分、マインツがセンセーショナルな同点弾を叩き込む。
 
 エリア内でボールを持った武藤が敵をかわした直後、強烈な右足シュートを突き刺して、リーグ戦では6試合ぶりとなる勝利が目前だったアウグスブルクを奈落の底へと突き落としたのである。
 
 これまで散見されていた決定力不足が嘘かのように、ワールドクラスのストライカー顔負けの秀逸なフィニッシュを連発し、ブンデスリーガでは初となるハットトリックを記録した武藤。これでシーズン得点を一気に「6」まで伸ばしている。
 
文:遠藤孝輔

画像を見る

これまでの決定力不足が嘘のようなゴールラッシュ! 着実に進歩を遂げている武藤は、またひとつの高みに達したようだ。 (C) Getty Images

画像を見る

【関連記事】
現地紙コラムニストが綴る――武藤嘉紀のブンデス挑戦記「苦闘する武藤。危機的状況のチームの中で」
現在得点ランキング首位! ビッグクラブも注目するFWヴァーディーを“相棒”岡崎慎司が語る
【連載】ミラン番記者の現地発・本田圭佑「ミハイロビッチ監督を簡単には切れない事情」
大成の条件――欧州で名を上げた中田、中村、本田…。才能では劣らない柿谷がいまだ輝けない理由とはなにか?
【ブンデス現地コラム】見事なV字回復を遂げたボルシアMG

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ