ヴァーディーの7試合連続得点でレスターが初完封勝利を飾る! 岡崎は身体を張った守備で役割を全う――レスター 1-0 クリスタル・パレス

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2015年10月25日

マハレズがチャンスを演出するも…。

フォーメーションと試合結果 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 10月24日、プレミアリーグ10節が行なわれ、ともに好スタートをきった5位のレスターと、6位のクリスタル・パレスの対戦は、1-0でレスターが完封勝ちを収めた。
 
 前節、終盤になんとか追いつきサウサンプトンと引き分けたレスターは、3試合ぶりにマハレズをスタメンに戻し、これまで2トップの一角を担っていた岡崎は4節のボーンマス戦以来のベンチスタートとなった。
 
 9ゴールを決めて絶好調のヴァーディーと横並びでプレーする岡崎とは違い、マハレズはトップ下に入り、チームのエースと縦関係を築いた。
 
 試合は立ち上がりから、レスターが中盤で相手に激しいプレッシャーをかけて積極的にボールを奪いにいき、素早いカウンターで相手を押し込む展開が続いた。こうした状況を見るに、マハレズの起用は的中したと言える。
 
 しかし、ホームチームは淡白な攻めが続き、趣向を変えたサイドからの攻撃も、クロスは190センチを超える長身の相手CB(ハンゲランドとダン)に悠々と対応され、決め手を欠く。30分を過ぎてからは、運動量も落ちていった。
【関連記事】
指揮官の采配が命中したレスターが価値あるドロー! 岡崎、吉田は存在感を出せず――サウサンプトン 2-2 レスター
【日本代表】本田、香川、岡崎。それぞれが掲げる攻撃の”ネクストステップ”
【日本代表】歴代3位の47得点を挙げる岡崎は、「躊躇せずに仕掛ける」プレーで新境地を開けるか
レスターが昇格組のノーリッジに辛勝! 岡崎は無得点も存在感を発揮し“らしさ”を見せる――ノーリッジ 1-2 レスター
【欧州各国で国内リーグが再開】4大リーグのトップスコアラーを大胆予想!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ