【ワールドサッカー回顧録】1980年代以降限定:一世を風靡したドリブルの十五傑(3)――マラドーナ、リトバルスキetc

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2015年11月01日

フットボール史に燦然と輝く「5人抜き」

アルゼンチンではマラドーナを神として崇める「マラドーナ教」という宗教があるほど、絶大な人気を誇っている。 (C) Getty Images

画像を見る

File 11
Diego MARADONA
ディエゴ・マラドーナ
(元アルゼンチン代表FW
生年月日:1960年10月30日
主な所属クラブ:ボカ、バルセロナ、ナポリ
 
 小柄ながら当たり負けないしない強靭なボディーを誇り、圧倒的な技巧と一瞬の閃きで対峙するマーカーをことごとく打破した。それら一連の動作をほぼ左足一本で繰り出した、まさにスーパーレジェンドだ。過去も現在も話題に事欠かないトラブルメーカーながら、全盛時の超絶プレーの数々は、いつまでもサッカーファンの脳裏に焼きついて離れない。

サッカー史上最高のゴールとも謳われる「5人抜き」は、全て左足だけでコントロールされた華麗な一撃だった。 (C) Getty Images

画像を見る

伝説のドリブル名シーン
 2007年に『ワールドサッカー』誌が史上最優秀ゴールに選んだのが、このマラドーナの「5人抜き」だ。
 
 1986年のメキシコW杯準々決勝、アルゼンチン対イングランド戦。49分にマラドーナのいわゆる「神の手ゴール」でアルゼンチンが先制する。スーパーゴールが生まれたのはその5分後だ。ハーフウェーライン付近でボールを受けたマラドーナは、ピーター・ベアズリーとピーター・リードを軽く手玉に取るとぐんぐん加速。テリー・ブッチャーとテリー・フェンウィックをかわし、最後はGKピーター・シルトンをも抜いて伝説を完成させた。
 
 後年、僚友のホルヘ・ブルチャガは「ディエゴは(神の手ゴールを)挽回しようと燃えていた。鬼気迫る形相だったよ」と回顧している。マラドーナを“神童”たらしめたふたつのゴールは、密接に結びついていたのだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ