【プレミアリーグ注目コメント集】不可解なジャッジに泣いたユナイテッドとニューカッスル――プレミアリーグ10節の3つのダービーで見られた喜怒哀楽

カテゴリ:ワールド

内藤秀明

2015年10月26日

フラストレーションを溜めたオランダ人指揮官は記者陣に不満を吐露。

試合を支配しながら、無得点に終わったユナイテッド。ファン・ハールはジャッジに対する不満を爆発させた。 (C) Getty Images

画像を見る

 10月24日、25日にプレミアリーグ第10節が行なわれた。
 
 今節では、ユナイテッド対シティ、ウェストハム対チェルシー、そして、ニューカッスル対サンダーランドの3つのダービーマッチが行なわれた。
 
 まずは最も注目度の高かったものの、スコアレスドローで決着したマンチェスター・ダービー後の両監督のコメントを紹介しよう。
 
――◆――◆――
 
ルイス・ファン・ハール(マンチェスター・ユナイテッド監督)
「不運な結果だった。アンデル(・エレーラ)と(ラヒーム・)スターリングの接触はPKが与えられるべきで、審判はちゃんとプレーを見ていなかった! スターリングのタックルは明らかにボールに触れていないし、アンデルの足を引っ掛けていた。今シーズンの我々は本当に運が悪い……。
 もちろん審判の仕事が難しいのは理解している。ただ、そういう問題じゃ済まされない。こういうミスジャッジは初めてじゃないし、難しいからといってミスが許されるわけではない」
 
(不調が続くウェイン・ルーニーについては――)
「なぜ、毎週のようにルーニーについて喋る必要があるんだい? 君たちの意見があるなら、それを書けばいいだろう。もう、うんざりだ! 私はこの件について、答えるつもりはない」
 
マヌエル・ペレグリーニ監督(マンチェスター・シティ監督)
「勝点1を取れてよかったよ。後半はボールを失う場面が多かったからね。ユナイテッドは試合を支配していたけど、チャンスは少なかったね。たった一度、シュートがクロスバーに当たっただけだ。
 悪くない試合だったと私は思うよ。オールド・トラフォードでプレーするというのは難しいからね。もし、我々のホームで今日のような内容ならハッピーではないと思うけど」
 
(守勢に回り、押し込まれる時間が多かった試合内容については――)
「私は守ってカウンターを仕掛ける戦術が好きではない。この戦い方はとても簡単だ。戦術的な試合だとか、心理戦だとか多くの人は言うけれど、そんなに複雑ではない。メガクラブを相手にアウェーでポイントを奪えたということが重要だけど、ウチは今日のような戦い方をするべきではないと思っている」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ