• トップ
  • ニュース一覧
  • 赤い悪魔を牽引する若きドリブラー、マルシアルの凄さとは――フィジカル的側面から徹底解剖!

赤い悪魔を牽引する若きドリブラー、マルシアルの凄さとは――フィジカル的側面から徹底解剖!

カテゴリ:メガクラブ

澤山大輔

2015年10月23日

スムーズな内旋・外旋の動きが可能にする巧みなドリブル。

元フランス代表FWで、アーセナルのレジェンドでもあるティエリ・アンリにも例えられるマルシアル。最大の武器でもあるドリブルに隠された秘密に迫る。 (C) Getty Images

画像を見る

 この夏にモナコからマンチェスター・ユナイテッドにティーンエージャーに支払われた金額としては史上最高額となる5000万ユーロ(約70億円)という破格の金額で移籍したアントニー・マルシアル。
 
 鳴り物入りで移籍した弱冠19歳のフランス人FWは、いきなり5試合で3ゴールを叩き出し、9月のプレミアリーグ月間最優秀選手にも選ばれた。
 
 10月25日のマンチェスター・シティとのマンチェスター・ダービーでも勝敗の鍵を握る、この若武者は何が優れているのか? その秘密をフィジカル面から紐解いてみた。
 
――◆――◆――
 
 フィジカリズムの川端翔太です。今回は、マンチェスター・ユナイテッドのアントニー・マルシアルについて、フィジカル面からの分析を行なわせていただきます。
 
■ドリルのように動く股関節
 まず印象深いのは、1対1で仕掛けるドリブルが持ち味の選手ということです。その技巧的なドリブルを可能にしているのは、股関節と体幹部を分離して使える柔らかさではないかと思います。
 
 右足でドリブルをする際は、股関節を内旋(内側に回す動き)させて左へ、外旋(外側に回す動き)させて右へボールタッチします。しかし、体幹部分は相手に対して正対している状態を保っているので、相手DFからすればどちらに仕掛けてくるか非常に読みづらいのです。
 
 まるでドリルのように、スピードに乗ったなかでも体幹部を相手と正対させながら、股関節はスムーズに内旋・外旋を行ない、左右どちらに抜くかを素早く見極めています。そのクオリティーの高さこそが、鋭いドリブルの最大のベースとなっています。
 
 とくに、ドリブルで運んでから右足アウトサイドで軽く右にボールを押し出してからシュートを放つプレーが得意なように見受けられます。このケースでも、事前には左にも抜くことができるように、右足股関節を内旋させ、引っ掛けるようにボールを持ってから一気に股関節を外旋させているのです。
 
 また、腰のあたりを見ると、ユニホームのシワがとても多く入っていることがわかります。これは、上体と脚の向きが強烈にねじれているからこそで、この股関節のひねり、自由度の高さが、相手の対応を非常に困難にさせているのです。
 
 単純に「股関節がよく開く」「柔らかい」ということではなく、動的柔軟性(関節の動かしやすさ)があり、マルシアルはこの動作を非常に速い動きのなかで行なえるのです。
【関連記事】
レアル・マドリーを牽引する「10番」ハメス・ロドリゲスは何が凄いのか――フィジカル的側面から解き明かす
スアレスは「なぜ点が取れるのか」 その秘訣をフィジカル面から解き明かす
日本代表でも高まる期待! 宇佐美貴史の「進化」をフィジカル面から解き明かす
9.1 プレミア移籍マーケット最終日の主な移籍
欧州主要国の移籍マーケットが終了! この夏もっともカネを使ったクラブは!? トップ15をランキングで

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ