日本代表 26の肖像/吉田麻也|どんな時も逃げず、困難に向き合ってきた絶対的リーダー。理想と現実を見極め、「ビッグサプライズを起こしたい」【W杯】

カテゴリ:日本代表

河治良幸

2022年11月23日

根っからの明るさ、責任感の強さ、発信力

ピッチ内外で不可欠な存在の吉田。ドイツ戦に向けては「自信と勇気を持って戦う必要がある」と気を引き締めた。(C)Getty Images

画像を見る

 ついに幕を開けたカタール・ワールドカップ。森保一監督が率いる日本代表は、いかなる戦いを見せるか。11月23日、初戦の相手はドイツ。ベスト8以上を目ざすサムライブルー、26の肖像。最後はDF吉田麻也(シャルケ)だ。

――◆――◆――

 過去3大会は長谷部誠(フランクフルト)が務めていた代表キャプテンという役割は、当たり前のように吉田麻也に継承された。根っからの明るさ、責任感の強さ、発信力。そういった要素を考えれば、大役を任されるのは、自然の流れだ。

 ただ、その重圧は当人にしか分からないのかも知れない。「麻のように、揉まれるほど強い人間になってほしい」という両親の願いから、『麻也』と名付けられた吉田は、名古屋のアカデミーでもキャプテンを担っていた。

 2007年のトップ昇格後、徐々に出場機会を増やし、翌年にドラガン・ストイコビッチ監督(現・セルビア代表監督)が就任すると、レギュラーとしてチームを支えながら、北京五輪にも出場した。

 当時の五輪代表監督だった反町康治技術委員長は、多くの才能あるセンターバックがいるなかで吉田を抜擢したが、その人間性と将来性を高く評価し、期待していたようだ。
 
 2009年に若手中心で挑んだイエメン戦でA代表デビューを飾ったが、正真正銘のA代表となったのは、オランダのVVVフェンロに加入し、2シーズン目にようやくポジションを掴んだ頃の2010年12月だった。

 当時のアルベルト・ザッケローニ監督が、カタールで行なわれたアジアカップのメンバーに選出すると、初戦のヨルダン戦で後半アディショナルタイムに決勝点を挙げ、そのまま主力としてアジア王者に輝いた。

 2012年のロンドン五輪ではオーバーエイジで選ばれ、キャプテンとしても支えたが、惜しくもメダルを逃した。14年のブラジルW杯にもフル出場し、グループステージ敗退と悔しさを味わった吉田が、A代表でもキャプテンマークを巻いたのは意外なタイミングだった。

 18年のロシアW杯のアジア最終予選、アウェーのUAE戦を前に長谷部がメッセージを託して離脱。その思いを背負った吉田は、日本の命運を左右する大一番でチームを支えて、完璧な勝利に貢献した。

【W杯PHOTO】カタールW杯を華やかに彩る各国サポーター! 女性ファン、キッズ、ド派手な衣装など!
 
【関連記事】
【ドイツ戦のスタメン予想】最大の悩みはボランチの組み合わせ。冨安健洋が復帰済みのCBも焦点に
【ドイツ戦展望】キミッヒら対策へボランチ選びが重要な鍵。課題のセットプレーで“秘策”を用意できるか
「サポートしないなら家にいろ」6失点大敗で批判…日本でも指揮を執ったイラン監督が怒り!「勝っている時だけ応援するファンはいらない」【W杯】
「本当に危ない」闘莉王が苦言を呈した日本代表DFのタックル。ドイツ戦の主審は“レッド率2位”だけに細心の注意が必要だ【W杯】
「世界的にも通用するし、武器になる」中村俊輔が賞賛した日本代表のドイツ戦キーマンは?「絶対効く」と語った効果的な戦術は…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ