【J1展望】2ndステージ・15節|名古屋-新潟|ラスト3試合で意地を見せたい名古屋。永井の復帰で停滞ムードを払拭できるか

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年10月23日

名古屋――戦列復帰のエース・永井はベンチ入りか。 

故障者/名古屋=ダニルソン、野田、田鍋、青木、小屋松、グスタボ 新潟=小泉
出場停止/なし

画像を見る

J1リーグ ndステージ・15
名古屋グランパス  アルビレックス新潟
1024日(土)/14:00/パロマ瑞穂スタジアム
 
名古屋グランパス
2ndステージ成績(14節終了時):11位 勝点18 5勝3分6敗 18得点・25失点
年間成績(31試合終了時):10位 勝点40 11勝7分13敗 36得点・43失点
 
【最新チーム事情】
●右肩脱臼で離脱中だった永井がベンチ入りも。今季限りでの放出も噂されるノヴァコヴィッチ、L・ドミンゲスも揃って復帰。
●矢田が鳥栖戦で左足甲を負傷。出場は五分五分。
●闘莉王のFW起用はひとまず継続。
●矢野、川又は古巣対決に気合。
 
【担当記者の視点】
 ここ5試合(1勝1分3敗)の成績が物語るように、調子は良くない。前節の鳥栖戦も「守備から攻撃へと転じる部分で迫力を感じなかった」(西野監督)と言うように、とりわけ後半は防戦を強いられ、お世辞にも内容は褒められなかった。
 
 怪我人が多くベストメンバーが組めないとはいえ、当然このままシーズンを終えるわけにはいかない。目標のCS進出は消滅したが、少なくとも昨季の10位を上回る成績でフィニッシュできるよう、意地を見せてほしい。
 
 幸いにも、ここに来て負傷離脱中だった永井やノヴァコヴィッチらが復帰。とりわけ、スピードを武器に局面を打開できる永井の起用に目処がついたのは朗報だろう。先発は回避しそうだが、前線の貴重な戦力としてベンチ入りする可能性は大いにありそうだ。
【関連記事】
【J1採点】鳥栖×名古屋|早坂らが奮闘するも鳥栖は名古屋の牙城を崩せず。ドロー決着に終わる
【名古屋】自責の守護神・楢﨑正剛――成長を促し続けてきた“過剰すぎる”責任感
【J1採点】新潟×松本|端山、大井で勝負あり! 新潟が残留争いのライバルを力強く撃破
【新潟】危機的状況から抜け出すには「甘さ」を捨てるべき
2015 J1 2ndステージ日程【13節~17節】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ