【J1展望】2ndステージ・15節|松本-鳥栖|両チームにとり「残留」に大きく関わる大一番。攻めに出る松本の背後を鳥栖が狙う

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年10月23日

松本――「普段どおり」に全力を尽くすのみ。

故障者/松本=棗、エリック、キム・ボギョン、工藤 鳥栖=平、チェ・ソングン 
出場停止/松本=なし 鳥栖=なし

画像を見る

J1リーグ2ndステージ・15
松本山雅FC サガン鳥栖
10月24日(土)/14:00/松本平広域公園総合球技場
 
松本山雅FC
2ndステージ成績(14節終了時):16位 勝点12 3勝3分8敗 11得点・24失点
年間成績(31試合終了時):16位 勝点27 7勝6分18敗 28得点・50失点
 
【最新チーム事情】
●キム・ボギョンは負傷中だが、出場の可能性はゼロではない。
●前節・新潟戦を境に、工藤が体調不良で全体練習に姿を見せず。
今節の結果次第ではJ2降格が決まるが、チームは「普段どおり」を意識。
 
【担当記者の視点】
 状況は極めて厳しい。残り3節の時点で、年間16位の松本と、同15位の神戸との勝点差は5。今節の鳥栖戦に勝利できれば首の皮一枚つながるが、引き分け以下だと、神戸の結果いかんではJ2降格が決まる。
 
 運命を懸けた一戦を前に、途中加入ながら確実にチーム力を上げていた工藤、キム・ボギョンが戦力として十分に計算できないのは痛い。“個の打開力”に乏しいチームは、これまで以上にチーム一丸となって全力を尽くす。
 
 もっとも、練習でも「普段どおり」とあるように、この時点でなにかを変えるつもりはない。走力で相手を上回り、少ないチャンスを確実にモノにする。失うものはなにもない。反町監督の下で培ったすべてをピッチ上にぶつけて、勝利を掴むしかない。
【関連記事】
【J1採点】新潟×松本|端山、大井で勝負あり! 新潟が残留争いのライバルを力強く撃破
【J1採点】鳥栖×名古屋|早坂らが奮闘するも鳥栖は名古屋の牙城を崩せず。ドロー決着に終わる
【鳥栖】下位対決での敗戦から浮かぶ原点回帰の必要性。ラスト5試合で“鳥栖スタイル”を取り戻せるか
【U-22日本代表】非凡すぎる19歳の鎌田が“デビュー戦”で1アシスト。A代表初招集もあるか!?
【手倉森ジャパン期待の新戦力】鎌田大地――貪欲な怪物ルーキーの正体とは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ