• トップ
  • ニュース一覧
  • 【藤田俊哉の目】堅守速攻のコンセプトが見て取れる26人。ドイツ戦、1トップの先発は浅野と予想

【藤田俊哉の目】堅守速攻のコンセプトが見て取れる26人。ドイツ戦、1トップの先発は浅野と予想

カテゴリ:連載・コラム

藤田俊哉

2022年11月02日

サプライズを挙げれば原口の落選か

藤田氏推奨のドイツ戦スタメン11人。

画像を見る

 ついにカタール・ワールドカップに臨む日本代表のメンバー26人が発表された。

 全体的に見れば、ほとんどサプライズのない順調な選考だったと言えるのではないか。

 後ろのポジションは経験豊富な実力者で固めて、前のポジションは勢いがある若い選手のフレッシュなプレーでバランスを取っている。スピードのある選手たちの攻撃がイメージできる。森保一監督らしい一体感のある堅守速攻のサッカーを展開したいというコンセプトが見てとれる。

 強いてサプライズを挙げれば、原口元気の落選だろうか。森保監督は「ユーティリティのある経験者ではなく若手のフレッシュな野心にかけた」といった表現を会見でしていたが、一番悩んだところだったのは容易に想像がつく。

 その理由は後述するが、特に前線にポストタイプではなく、スピードのある浅野拓磨、前田大然の2人が入ったのは、「堅守速攻」の表われだろう。

 日本が戦うグループステージでは、ワールドカップ優勝国のドイツ、スペインがいて、コスタリカだって2014年ブラジル大会でベスト8に入った強豪国だ。日本も力がついてきたとはいえ、堅守速攻型のコスタリカとは似たタイプだが、ドイツとスペインに対しては、どうしても主導権を握られてしまう可能性が高い。

 6月の欧州ネーションズリーグのドイツ、スペインを見ても、その傾向は明らかだ。
 
 例えば、ドイツはイタリア、イングランド、ハンガリーと対戦し、およそ65%のボール支配率をマークしていた。スペインの場合も、ワールドカップ予選でおよそ65~70%という驚異的な数字を叩き出している。これはドイツと並んで参加55か国中トップの数字である。

 ドイツやスペインが誇るボール支配率「65%」は、もちろんリスペクトすべき数字だが、それを打ち破ることが、今回のワールドカップのミッションではない。

 ドイツとスペインとの対戦では「ほとんどの時間で相手にボールを握られる」と仮定し、スピードのあるFWを揃え、その爆発力を活かしたいと選んだはず。

 さらに言えば、このメンバーは、森保監督が9月のドイツ遠征で話していた「ターンオーバー」を十分に考慮した人選だ。ゴールキーパーを含め、それぞれのポジションに「最低2人」は選ばれているのは当然として、「リードしている状況だった場合」「1点を奪いに行きたい状況の場合」といった具体的なメンバー交代を何度もイメージしたと想像できる。

 同じメンバーで勝ち上がることができるほど甘くはないし、むしろターンオーバーを活かした総力戦で突破口を見出したいと考えるのは当然と言える。
 
【関連記事】
「大迫はなんで入ってないんでしょうか」内田篤人の直球質問に森保監督の回答は?「議論に時間が…」
【セルジオ越後】大迫の落選はサプライズじゃない。原口が外れたのは、相馬との比較だったのではないか
「なんで呼んでいるのか」「まず驚き」城彰二が森保JのW杯メンバー26人に意見! 疑問に感じた選出とは?
「氷のような冷静さ」フランクフルト鎌田大地に現地紙が最高評価! 英紙は驚きを露わに「落ち着きすぎたPKだった」
レーザー光線を浴びるもニヤリ。CL3戦連発、鎌田大地の“鬼メンタル”が大反響「圧倒的強者感」「世界で見てもそうそういない笑」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ