【J1展望】2ndステージ・14節|鳥栖-名古屋|ゴールから遠ざかる両エースは結果を残せるか

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年10月16日

鳥栖――守備面の安定&豊田、藤田の復調は好材料。

故障者/鳥栖=平 名古屋=ダニルソン、野田、永井、田鍋、ノヴァコヴィッチ、小屋松、青木、L・ドミンゲス、グスタボ  
出場停止/鳥栖=なし 名古屋=なし

画像を見る

J1リーグ 2ndステージ・14
サガン鳥栖-名古屋グランパス
10月17日(土)/18:30/ベストアメニティスタジアム
 
サガン鳥栖
2ndステージ成績(13節終了時):14位 勝点12 2勝6分5敗 12得点・21失点
年間成績(30試合終了時):14位 勝点32 7勝11分12敗 34得点・53失点
 
【最新チーム事情】
●水曜日に行なわれた天皇杯3回戦・札幌戦はPK戦の末、勝利を掴む。
●コンディション不良で前節の浦和戦に出場しなかった豊田、藤田は復調の気配。
●次節に迎える、松本との残留争いの直接対決を見据えた戦いも必要に。
 
【担当記者の視点】
 リーグ戦はここ4試合で2失点。一時は14試合連続失点を喫するなど不安定さを見せた守備陣は、落ち着きを取り戻しつつある。また、コンディション不良で前節の浦和戦に出場しなかった藤田、豊田が復調している点も明るい材料だ。4試合ゴールから遠ざかっているエース・豊田の意気込みも強い。
 
 ただ、気がかりなのはPK戦で勝利した水曜日の天皇杯3回戦・札幌戦の影響。中2日で迎えるだけに、体力の回復がどれだけなされているかが大きなポイントとなる。
 
 また、次節は残留争いのライバル・松本との直接対決を控える。降格圏の松本とは勝点5差。大一番を見据えて、名古屋戦で勢いを付けたい。
【関連記事】
【J1寸評&採点】浦和×鳥栖|GK西川のスーパーセーブで九死に一生。浦和が見せた、終盤戦に向けた心配の種。
【浦和×鳥栖│クローズアップ】埼スタを沈黙させた、第1ステージ大敗の“戦犯”
【J1採点】柏×名古屋|工藤が殊勲の2ゴールで、リーグ戦5試合ぶりの白星に貢献
【名古屋】自責の守護神・楢﨑正剛――成長を促し続けてきた“過剰すぎる”責任感
2015 J1 2ndステージ日程【13節~17節】
【日本代表】ストライカー不遇の法則。佐藤寿人、豊田陽平…それでも代表監督に愛されなかった理由

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ