【J1展望】2ndステージ・14節|横浜-神戸|勝負強さは健在の横浜。神戸は“鬼門”を突破できるか

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年10月16日

横浜――“元同僚”には細心の注意が必要。

故障者/横浜=ラフィーニャ、田口、中町、齋藤 神戸=レアンドロ、小川、P・ジュニオール、ブエノ、増川、奥井、山本 
出場停止/横浜=なし 神戸=なし

画像を見る

J1リーグ2ndステージ・14
横浜F・マリノス ヴィッセル神戸
10月17日(土)/14:00/日産スタジアム
 
横浜F・マリノス
2ndステージ成績(13節終了時):7位 勝点22 6勝4分3敗 21得点・12失点
年間成績(30試合終了時):7位 勝点48 13勝9分8敗 42得点・29失点
 
【最新チーム事情】
●14日の天皇杯3回戦・大分戦は、延長戦の末に勝利。翌15日はリカバリーのみで神戸戦に向けて調整した。
●今節の神戸戦でリーグ通算500試合出場を達成する中澤は、大分戦に120分間フル出場。中2日の強行軍でも元気に先発出場する見通しだ。
●右足首痛の齋藤は練習に参加も、状態は万全ではない。指揮官は欠場を示唆した。
●右膝に痛みを抱えている仲川は別メニュー調整。今節の出場は難しそうだ。
 
【担当記者の視点】
 クラブ公式HPの「試合日程結果」を眺めれば、8月12日の第2ステージ6節・名古屋戦から、ひとつも黒星が見当たらない。リーグ戦と天皇杯を合わせ、チームは約2か月もの間、負け知らずでここまで来ている。
 
 直近の天皇杯・3回戦の大分戦は延長までもつれたが、最後はしっかりと勝ち切るあたり、勝負強さは今も継続されている。今節は右足首を痛めている齋藤が欠場濃厚で、この貴重なチャンスメーカーを欠くのは痛いが、代役候補の兵藤はレギュラークラスの実力者だけに大きな不安はない。
 
 懸念材料は、“かつてのチームメイトにゴールを決められる”傾向があることか。神戸には元横浜の渡邉がおり、この実力派FWは直近の天皇杯やナビスコカップでゴールを決めるなど、好調をキープしている。
 
 渡邉には細心の注意を払いつつ、伝統の堅守でまずはしっかりと無失点に抑え、効率良くゴールを奪い、無敗記録を伸ばしたい。
【関連記事】
【横浜】天皇杯・再開試合の舞台裏。決勝アシストの奈良輪が延長突入で微笑んだ理由
【J1採点】仙台×横浜|中村の2ゴールに絡む活躍で横浜が完勝
【第2ステージ・ラスト5のシナリオ】横浜編|望み薄だとしても、「勝点15」を上積みして天命を待つ
【横浜】ハリルジャパンも見習うべき? 俊輔が実践・提唱する「引いた相手の崩し方」
【J1採点】神戸×鹿島|中盤を制して完勝に貢献した日本代表の柴崎を高く評価
【第2ステージ・ラスト5のシナリオ】神戸編|予想外の不振に喘ぎ、現実的な目標は残留に

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ