• トップ
  • ニュース一覧
  • 「社員5人で絶対に実現すると語っていた」JFL初“新国立”開催でリーグ史上最多観客数!クリアソン新宿の挑戦

「社員5人で絶対に実現すると語っていた」JFL初“新国立”開催でリーグ史上最多観客数!クリアソン新宿の挑戦

カテゴリ:Jリーグ

野口一郎(サッカーダイジェストWeb編集部)

2022年10月10日

大学のサークル出身選手も“聖地”のピッチに

鈴鹿戦で1トップとして奮闘した岡本(50番)は、チームが“7部”だった頃を回想した。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[JFL第24節]クリアソン新宿 0-1 鈴鹿ポイントゲッターズ/10月9日/国立競技場

 東京都心のクラブとして初のJリーグ100年構想クラブに認定されたチームが、歴史に名を刻んだ。

 クリアソン新宿は、JFL第24節の鈴鹿ポイントゲッターズ戦に0-1で敗北。悔しい結果となったが、リーグ史上2回目、2019年の新築以来では初となる国立競技場開催を実現し、観客数はJFL史上最多の1万6218人を記録した。

“歴史的一戦”後に取材に応じた成山一郎監督は、敗戦の悔しさと共に、選手たちを「立派に堂々と自分の力を出していたと思う」「ひるまずに堂々とピッチに立ったのはすごく良かった」と称えた。

 また、ジュビロ磐田や水戸ホーリーホックなどを経て2015年に加入し、この試合では1トップとして奮闘したFW岡本達也は、自身のチーム加入時に思いをはせる。当時、新宿はJ1を頂点とすると“7部”に相当する東京都1部リーグで戦っていた。
 
「当時、社員は僕が5人目だった。僕ら以外は、誰もこんなことになると誰も想像していなかったと思う。5人で『こういう日が絶対に実現する』と夢物語のようにみんなで語っていた。そのために、新宿の人たち色々含めてもそうだし、たくさんの方に仲間になってもらって、応援してもらって。ちょっとずつその輪が広がって、今日の場になったのですごく感慨深かったし、本当にたくさんの人に感謝をしながらプレーをしていた」

 試合の運営に奔走し、「正直なところ、試合はほとんど見れなくて」と笑っていたチーム創設者の丸山和大代表も、チームの“過程”に言及した。

「ピッチを見た時に、大和田歩夢という大学のサークル出身で東京都リーグから頑張ってきてくれたメンバーが出ていたりとか。国立でボールを蹴るまでのプロセスとか、ストーリーに共感してくれた人がたくさんスタンドで応援してくれた。点でとらえた国立、でなく東京都リーグ時代からの積み上げ。その先にあるJFLでの国立はやっぱり特別なものがあったし、僕もそうだけど選手たちもそう思った一戦だったのでは」
 
【関連記事】
11年ぶりの国立でJFL最年長出場記録を更新したカズ。無得点も「ゴールよりも勝利と割り切っている」とサラリ。相手選手との握手については…
「歩くところにファンやメディアがついてくる」鈴鹿の三浦泰年監督が語る、選手の成長を促す“カズ効果”。一方、デメリットは?
「僕を使うのは大きな賭け」キングカズ三浦知良が指揮官の重圧に言及。兄・泰年監督には「やっさんも勝利が欲しかったと思う」
「26人呼べるんでしょ?呼んだらいい」本田圭佑がW杯メンバー入りを激推しする“森保J未招集”選手は?「なんでかって言ったら…」
「トミヤス先発は理解できない」試合前に批判を浴びた冨安健洋の左SB起用、“サラー封じ”で評価一変!「宝石のような選手」「なんと見事な決断か」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ