【采配検証】なぜ旗手怜央と瀬古歩夢を一度もプレーさせなかったのか。相変わらず理解に苦しむ

カテゴリ:日本代表

加部 究

2022年09月28日

GKの最適解に辿り着いたのは最大の収穫

ドイツで2試合が組まれた9月シリーズで、瀬古(左)と旗手(右)の出場はなかった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[キリンチャレンジカップ]日本 0-0 エクアドル/9月27日/デュッセルドルフ・アレーナ

 エクアドルは、本大会へ向けていくつかの教訓を残してくれた。その点で秀逸なマッチメイクと言えた。

 アメリカが稚拙なビルドアップを続けてくれた初戦(2-0)とは対照的に、まったくプレスが機能しない前半はエクアドルの独壇場だった。日本は前半終了6分前になるまで、相手のペナルティエリア内に侵入できなかった。

 後半頭には最前線に上田綺世を送り込み、さらに67分にはトップ下に鎌田大地が入ったことで日本も攻撃の形を作れるようになったから、序列の見極めには確信が持てても、本番で指揮官が嬉しい悲鳴を上げるほどの好況とは言えない。

 当然、本大会直前になってようやくGKの最適解に辿り着いたのは、最大の収穫だ。確かに、森保一監督が代表で定位置に据えてからの権田修一は、リーグ戦でも充実のパフォーマンスを続けてきた。だが、「最後尾からしっかりとボールを繋げて」戦うスタイルを標榜し、世界基準を意識するなら、今までシュミット・ダニエルを選択しないほうが不可解だった。
 
 シュミットより10センチ身長が低い権田にゴールマウスを託すなら、横浜の高丘陽平に近いパフォーマンスを求める必要がある。逆にハイボールをキャッチできる可能性やキックの精度が高まれば、攻撃の質も比例して良化する。それは前回のワールドカップ、ベルギー戦でティボー・クルトワのキャッチから、痛烈なカウンターを食らった日本陣営なら身に染みているはずだ。

 一方で、森保体制で再三繰り返されてきて、相変わらず理解に苦しむのは、せっかく招集した瀬古歩夢や旗手怜央を一度もプレーさせなかった点だ。まず本大会で懸念されるのは、ディフェンスラインにどれだけコンディションの整った選手を揃えられるか、である。

 板倉滉が負傷離脱中で、冨安健洋も故障を繰り返しており、吉田麻也は連戦を託すのが難しい。レフティの伊藤洋輝の定着は喜ばしいが、せめて半分は瀬古にチャンスを与えてチームとしての伸びしろを追求しておくべきだった。
 
【関連記事】
【ドイツ遠征総括】森保ジャパン全30人の通信簿。ワールドカップメンバー生き残りへアピールしたのは?
「W杯への夢は消えた」旗手怜央の2試合出番なしにセルティック地元紙が愕然!「1秒たりともピッチに立たなかった」
「南野は空回りしていた」「屈強なる長友」海外記者がエクアドル戦に出場した森保ジャパン全17選手を独自採点!
「最高だぜあんた!」「正GKの座を掴んだ瞬間」シュミットの激熱投稿が大反響!共闘メンバーや負傷組からも続々
【セルジオ越後】スタメン総入れ替え? 意味が分からないね。三笘は起用法より実力そのものが疑問だ

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ