「根強いタケへの疑念は永遠に払拭された」久保建英のマンU戦をどう見た? ソシエダ番記者の“リアル評”。「観客から不当な非難を浴びても躊躇なく…」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

ミケル・レカルデ

2022年09月11日

指揮官の要望を誰よりも体現したのがタケだった

ユナイテッド戦で躍動した久保。番記者をそのパフォーマンスを絶賛した。(C)Getty Images

画像を見る

「私のサッカーの解釈ではDFには悲観的、楽観的の2タイプがいる。ナチョは後者に属する。90分、91分、92分間プレーしても集中力を維持できる。すべてのディフェンダーが同じことがきるわけではない」

 レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督は記者会見で、自軍のCB、ナチョについて質問されると、こう持論を展開した。これをピッチの他のゾーンに置き換えると、タケ・クボ(久保建英)は「楽観的なメディアプンタ(トップ下)」と定義できるだろう。強豪が相手でも、対峙するDFが巨漢でも、プレーするスタジアムがどこでも関係ない。

 望んでいるのは、1本でも多くのパスが自分のところに来ること。後はただひたすら自由詩のようにピッチで躍動する。ソシエダのファンの間ではマドリーから加入する選手に懐疑的な視線が向けられる傾向があり、タケもそうだった。

 しかし開幕以来の活躍がそうした見方を変え、根強く残っていた疑念も木曜日のマンチェスター・ユナイテッド戦を経て永遠に払拭された。舞台のオールド・トラフォードがまたそのパフォーマンスに箔をつける。栄光を手にする選手は、伝説の英雄としてクラブ史に名を刻む世界サッカーの聖地のひとつだ。

「パーソナリティと勇気。我々自身に忠実になることだ」。試合前日にイマノル・アルグアシル監督はこう抱負を語ったが、その指揮官の要望を誰よりも体現したのがタケだった。

【関連動画】マンUを相手に躍動!久保が披露した、2人を抜き去って鋭いクロス&PK奪取に繋がる秀逸パス

 前半は果敢にドリブルを仕掛けても、チャンスに繋がることは少なく、ボールロストも頻発した。しかしそれでもトライし続けるのがタケの持ち味だ。そしてその積極性が後半、ヴィクトル・リンデロフとのマッチアップを制する原動力になった。私がタケを「楽観的なメディアプンタ」と定義する所以でもある。

 アルグアシル監督は、タケに盲目的な信頼を寄せていることを改めて示した。同時にアトレティコ戦で大事を取って休ませた(後半途中から出場)のは、この大一番に向けて攻撃の切り札の1人として位置付け、万全の状態で臨ませるためだったことが明らかになった。

 そして注目は起用ポジションだ。タケはウマル・サディクと2トップを形成。その代役を務めると見られていたダビド・シルバはその後方のロンボの頂点でプレーした。多くのメディアの予想が外れる格好となったが、指揮官はタケとシルバの才能を融合させたほうが得策と考えたに違いない。実際、レフティ同士がパスを交換すると、常に何かが起きそうな予感が漂った。これをサッカーではマヒア(魔法)と呼ぶ。

【関連記事】
「シルバ様を観察」「良い瞬間の写真」久保建英、抜群の連係を見せる元スペイン代表MFを“注視する”シーンにファン注目!
「カッコよすぎる」「すごい男だ!」久保建英が投稿、マンUのブラジル代表コンビと“1対2激闘ショット”が反響!マドリーB中井卓大も反応
「監督とたけ。熱すぎる」躍動した久保建英を抱擁するソシエダ指揮官の姿が反響!「知的で情熱的とか最高かよ」
「可愛さの破壊力すげぇ」「セクシー」なでしこ岩渕真奈が眩いビキニ姿を披露! 熊谷紗希とバカンスを楽しむ様子が反響
「タケめちゃごつくなったなぁ」久保建英とフランス逸材、マンU撃破に歓喜する“上半身裸”の2ショットが反響!「雰囲気が長友みたいになってきてる笑」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ