• トップ
  • ニュース一覧
  • 「バカげた決定」女王逝去に伴うプレミアリーグ延期に識者やファンから批判の声「喪章や黙とうのほうが良いお見送りでは?」

「バカげた決定」女王逝去に伴うプレミアリーグ延期に識者やファンから批判の声「喪章や黙とうのほうが良いお見送りでは?」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年09月10日

「女王はスポーツを愛していた」

ECLではウェストハムのファンが国歌を歌い、哀悼の意を表わした。 (C)Getty Images

画像を見る

 女王エリザベス2世に敬意を表し、プレミアリーグは今週末の全試合を延期することを決定した。だが、その判断は正しかったのかと疑問を投げかける声も少なくない。

 カタールでのワールドカップ開幕が11月とあり、今シーズンの欧州サッカー界は変則的な日程で開催されている。今月からはチャンピオンズリーグなどUEFA主催大会のグループステージも開幕。さらに代表戦も控えており、11月中旬のシーズン中断までスケジュールは立て込んでいる。

 実際、英紙『Daily Mail』は、イギリスサッカー界のご意見番に、プレミアリーグの決定を批判する者もいると報じた。ピーター・クラウチやピアース・モーガン、ガリー・ネビルといった面々だ。

クラウチは自身のツイッターで「喪章、黙とう、国歌斉唱、王室楽団の演奏などを世界中の多くの人が見る。そのほうが良いお見送りではないのか?」と疑問を投げかけた。

 モーガンも「バカげた決定だ。スポーツイベントは開催すべき。女王はスポーツを愛していた。昨夜ウェストハムが見事にしたように、大勢の人々が女王陛下に敬意を表して国歌を歌うのを見聞きするのは素晴らしいことのはずだ」と批判している。
 
 ネビルも「ピアースに同意。スポーツは女王にふさわしいリスペクトを何よりも示すことができる」と、モーガンの主張に賛同するかたちでプレミアリーグの決定に不満を表した。

 識者だけではない。一般のファンにも、試合延期に首をかしげる人は少なくないようだ。

「シーズン全体をめちゃくちゃにしそうだ」
「特にもう日程が過密な中でバカげている」
「プレミアリーグとEFLは国民のムードを見誤った」
「喪章、黙とう、国歌斉唱のほうがもっと敬意を表したはずだ」
「全サッカーファンが団結し、敬意を表して、国歌を斉唱する機会を逃すなんて」
「政府は延期を義務づけなかった。過密日程やワールドカップを考えれば、この決定は理にかなっていない」
「なんという恥だ。女王はスポーツを愛していた。彼女の遺産をたたえる素晴らしい機会にできたはずなのに」
「良いアイデアとは思わない。大勢の人が週末の計画をキャンセルし、移動や宿泊でお金を失う。国外から遠征に来る多くのファンは、再日程で埋め合わせはできないだろう」

 最も大切なのが、女王エリザベス2世に敬意を表することであるのは言うまでもない。そのうえで、どのような対応をすべきだったのか、様々な意見があるようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】どこもかしこもデザイン刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!
【関連記事】
「明らかにもう終わった」久保躍動の裏で…C・ロナウド、ELでまさかの決定力不足露呈で批判殺到!「チームを殺している」
「タケめちゃごつくなったなぁ」久保建英とフランス逸材、マンU撃破に歓喜する“上半身裸”の2ショットが反響!「雰囲気が長友みたいになってきてる笑」
「カッコよすぎる」「すごい男だ!」久保建英が投稿、マンUのブラジル代表コンビと“1対2激闘ショット”が反響!マドリーB中井卓大も反応
「監督とたけ。熱すぎる」躍動した久保建英を抱擁するソシエダ指揮官の姿が反響!「知的で情熱的とか最高かよ」
「トリッキーなクボを相手に問題を露呈」久保建英に翻弄されたマンUのスウェーデン代表DFに批判殺到!「全然ダメ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ