【J1展望】2ndステージ・13節|浦和‐鳥栖|頂点を見据える浦和、ちらっと降格圏が見えてきた鳥栖。どちらも欲しいのは「勝点3」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年10月02日

浦和――那須が戦列に戻り、3試合ぶりに3-4-2-1に。第1ステージの6得点に続く大量点も!?

故障者/浦和=石原 鳥栖=平   
出場停止/浦和=なし 鳥栖=なし 

画像を見る

J1リーグ ndステージ・13
浦和レッズ サガン鳥栖
10月3日(土)/16:00/埼玉スタジアム2002
 
浦和レッズ
第2ステージ成績:(12節終了時):3位 勝点23 7勝2分3敗 18得点・14失点
年間成績(29試合終了時):1位 勝点64 19勝7分3敗 57得点・31失点
 
【最新チーム事情】
●リアル“リーグ4連勝”を狙う。
●那須が出場停止から戻り、布陣も3試合ぶりに3-4-2-1に。
●武藤は「15ゴール」と目標を立てる。
 
「公式戦4連勝はあっても、リーグ4連勝はできていないから達成したい」
 
 鳥栖戦へ向けて、柏木はそう語った。今季は三度の3連勝があったものの、いずれも4試合目で記録は止まっている。また、昨季は13節大宮戦から16節徳島戦で達成しているものの、ワールドカップによる2か月の中断期間を挟み、2試合ずつに分かれていた。今回は流れに乗ったリアルな“リーグ4連勝”に挑むことになる。
 
 出場停止だった那須が復帰し、布陣は3試合ぶりに定番の3-4-2-1に戻る。鳥栖には第1ステージで6-1と大勝しているものの、梅崎は「鳥栖はハードワークを怠らない。僕らも連動性で対抗しなければ」と警戒していた。
 
 また、現在チーム最多の11得点を決めている武藤は、「年間も第2ステージも優勝したい。(得点を)15点くらいまで伸ばせれば、チームの成績がついてくる」と、ゴール量産を誓っていた。
 
 あと3勝(勝点9)で、リーグ優勝を果たした06年に獲得した、クラブ史上最多勝点の72を超える。それだけに良い形で、「ラスト5」のひとつ目を飾りたい。
【関連記事】
【第2ステージ・ラスト5のシナリオ】浦和編|理想は「完全制覇」。でも、最後は石橋を叩いて渡ってでも欲しい「年間優勝」
【鳥栖】下位対決での敗戦から浮かぶ原点回帰の必要性。ラスト5試合で“鳥栖スタイル”を取り戻せるか
【J1採点&寸評】2ndステージ・12節|全カードの出場選手&監督を現地取材記者が評価
【浦和】「初ゴールの呪縛」から解放された高木俊幸が見せた初めての表情。父・豊氏も“感謝”
【鳥栖】カズに並ぶ史上ふたり目の快挙。4年連続での15ゴールを達成した豊田のストライカーとしての自覚

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ