バルサ番記者の提言――「メッシの穴」はこう埋めろ!!

カテゴリ:メガクラブ

ルイス・フェルナンド・ロホ

2015年10月02日

右SBのレギュラーに最も相応しいのは、S・ロベルトだ。

9月26日のラス・パルマス戦で左膝靱帯を損傷したメッシ。約2か月の戦線離脱が見込まれている。(C)Getty Images

画像を見る

 リオネル・メッシの故障離脱(9月26日のラス・パルマス戦で左膝靱帯を損傷)は、バルセロナにとって今シーズン最悪の出来事になるかもしれない。
 
 バルサは2か月もの間、絶対的エース抜きで戦わなければならないからだ。
 
 また、9月29日のCLレバークーゼン戦では、アンドレス・イニエスタもハムストリングを負傷。6~8週間の欠場が見込まれる。さらに、9月16日のCLローマ戦で右膝前十字靭帯断裂の大けがを負ったラフィーニャも、少なくとも半年間は使えない。
 
 レバークーゼン戦は2-1で逆転勝利したものの、内容的には満足できる水準には届かなった。とりわけメッシの穴は特大で、ルイス・エンリケ監督は一刻も早くなんらかの対策を講じるべきだ。
 
 個人的には2つの策を提言したい。
 
(1)セルジ・ロベルトを先発起用する。
 
 まず手をつけるべきは、メッシを欠いた右ウイングの後方、つまり右SBだ。
 
 レギュラーのダニエウ・アウベスは今シーズン、低調な出来に終始。全盛期のそれと比較すれば、50%程度のパフォーマンスと言っていいだろう。
 
 D・アウベスを外し、セルジ・ロベルトを右SBに起用する――。それがいわばファーストステップだ。
 
「いまのバルサで最も好調な選手は誰か」
 
 プレシーズンを含めて、今シーズンのバルサの全試合を見ている番記者連中とそんな話になると、出てくる答は常にひとつだ。
 
 そう、S・ロベルトである。
 
 このカンテラ出身の23歳は、序盤戦で指揮官の要求をほぼパーフェクトに遂行。本来のインテリオール(インサイドハーフ)だけでなく、アンカーと右SBでも、素晴らしい活躍を見せている。
 
 先のレバークーゼン戦も途中出場ながら同点ゴールをゲット。S・ロベルトの投入によって流れが代わり、逆転勝利に繋がったのだ。
 
 現時点で右SBのレギュラーに相応しいのは、D・アウベスではなくS・ロベルト。それは誰の目にも明らかだろう。L・エンリケ監督はすぐに手を打つべきだ。

今シーズンからコンバートされた右SBで攻守に安定するS・ロベルトは、斜陽のD・アウベスに代わってレギュラー起用に値――。著者はそう主張する。(C)Getty Images

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月19日発売
    2019-2020シーズンは
    この布陣で戦え!
    メガ14クラブ「最強モデル」
    第2特集は“リバプールに学べ”
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ