【セルジオ越後の天国と地獄】ハーフナーという選択肢があっても良かったのでは?

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2015年10月01日

いつものメンバー中心で、ほとんどサプライズはなし。

初選出された南野だけど、宇佐美や原口とタイプ的に似ていて、彼らと比べて特別な違いを見出しづらいし、クラブでの活躍もそこまで高く評価はできない(写真はリオ五輪アジア1次予選のマカオ戦)。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 10月8日のロシア・ワールドカップ・アジア2次予選のシリア戦、その5日後に行なわれる国際親善試合のイラン戦に挑む日本代表のメンバーが発表された。
 
 選ばれた顔ぶれを見ると、いつものメンバーに何人か新しい選手が加わっただけで、ほとんどサプライズはなかったね。清武の選出は別に新鮮味がないし、塩谷や柏木の招集も、酒井宏や湘南の遠藤の怪我がなければ、おそらく呼ばれなかったはずだよ。彼らを押しのけたうえでの代表入りじゃないから、特筆すべきものではない。
 
 所属クラブで満足な出場機会を得られていない長友や酒井高が選ばれているけど、結局、ふたりの代役を務められるだけの実力がある選手がいないだけ。それはそれで寂しいけど、真剣勝負となるシリア戦もお馴染みの選手たちが先発に名を連ねそうだ。
 
 代わり映えのしないメンバーで戦うことで、連係面は深まるかもしれない。でもそれも相手の質による。2次予選のレベルで良いゲームができたからといって、それでチーム力が高まったとか、レベルアップしたとか錯覚してもらっては困る。
 
 南野の初選出は多少なりとも話題になっているようだけど、重要なのはどれだけ試合で使われるか。予選のシリア戦では、まず起用されないだろうね。となると、イランとのテストマッチで、途中出場から何分チャンスをもらえるか。一度もピッチに立てないような事態だけは避けたい。
 
 もっとも、どのポジションで起用されるのかは気になるところだ。ただ、宇佐美とか原口とか、ライバルになりそうな選手はタイプが似ている。彼らと比べても、特別な違いや特長を見出しづらい。評価されたのは、所属クラブで点を取っているから? 問題は南野がどのリーグで戦っているかということだ。欧州の中でオーストリアの国内リーグのレベルを考えれば、そこまで評価はできない。
 
 それなら、オランダでプレーするハーフナーだって今季はそれなりに結果を出している。今回の代表チームも、相変わらず高さという点では心許ない。年齢だって28歳で、歳を取っているわけではない。ハーフナーという選択肢があっても良かったはずだ。
 
 霜田技術委員長がある程度の時間をかけて南野を視察したようだけど、行ったからには呼ばないとダメなのかな。
 
 レッズの武藤も調子が良いし、大久保もJリーグでたくさん点を取っている。その意味でも、南野の初選出に首を傾げざるを得ない部分は少なからずあるよ。
【関連記事】
【日本代表/メンバー検証&スタメン予想】行き着いたのは、分かりきった結論。「テクニックとスピード」が主な選考基準に
ハリル体制初招集の柏木、塩谷に注目――日本代表メンバーの近況報告|国内組編
【日本代表/会見要旨・質疑応答編】シリア戦は「一番難しい、一番重要な試合」
【日本代表/会見要旨・選手評編】ゴール前の効率性を上げるためには「南野が必要だ」
【南野拓実の激闘回顧録】その悔しさを力に変えて――

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ