「あえて大海に飛び込んだ」宿敵マドリーを退団した久保建英の現状を古巣バルサの番記者はどう見ている?「ソシエダで絶対に改善すべき課題が…」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

ファン・ヒメネス(スペイン『AS』紙記者)

2022年08月27日

「タケは交代で退くまでポジティブな印象を残した」

古巣のバルサ戦では同点弾の起点となった久保。(C)Getty Images

画像を見る

 タケ・クボ(久保建英)は今シーズン、キャリアの分岐点を迎えている。

 シーズン途中にカタール・ワールドカップが控えているだけではない。タケはマジョルカ、ビジャレアル、ヘタフェ、そして再びマジョルカとレンタル移籍を繰り返してきた後、今夏、レアル・ソシエダに新天地を求めた。2019年6月にレアル・マドリーに加入して以来、続いていたレンタル生活に別れを告げたわけだ。

 たしかに6月に21歳になったばかりの若手だが、ラ・リーガ挑戦4年目でもある。ここからステップアップを図り欧州の舞台で活躍していくか、あるいはその逆か、そろそろ真価を問われる重要な時期に差し掛かっている。

 心強いのは、タケとソシエダのプレースタイルの相性の良さだ。これまでプレーしてきたチームと比較すると、その違いは顕著だ。まずマジョルカとヘタフェは攻撃陣が貧弱で、守備的な戦いを強いられた。

 ビジャレアルは、ウナイ・エメリが戦術の細部にまでこだわりを見せる監督で、その分、戦い方もタクティカルだった。一方、ソシエダはイマノル・アルグアシル監督が攻撃的なサッカーを志向し、チームにはピッチ上でタケと同じ言語で分かり合える選手が揃っている。

 近年、チーム編成を主導してきたのがロベルト・オラベSDだ。徐々に、しかし着実にソシエダを自分が理想とする色に染め上げてきた。ダビド・シルバ、ラフィーニャ、アドナン・ヤヌザイ、ブライス・メンデスといった獲得してきた選手を見れば、オラベがパスを交換しながらゴールを狙うスタイルを好んでいることが分かる。もちろんタケもそのひとりだ。

 ラ・マシア(バルサの下部組織の総称)で過ごした古巣のバルセロナ戦で目に付いたのは、勇敢さ、コンペティティブさ、大胆不敵さだ。対人守備にもカバーリング能力にも秀でた屈強なDF、ロナルド・アラウホに対峙しても動じることなく果敢にドリブル勝負を挑み、イエローカードを誘った。

 前半6分の同点ゴールもタケのチェイシングがきっかけだった。ソシエダは1-4で敗れたが、タケは交代で退くまで、ポジティブな印象を残した。

【動画】デ・ヨングからボールを奪取した久保が起点に!シルバ→イサクと渡ったソシエダの同点弾

【関連記事】
“相棒”イサクの仰天移籍で久保建英はどうなる? 現地紙は驚きの起用法に含み「クボのような慣れていないアタッカーを…」
なぜ“接待役”? 久保建英、人気シリーズ出演俳優との3ショットが脚光! クラブ贈呈ユニに注目「14番はタケだよな」
「バルサは一瞬たりとも油断できず」古巣に挑んだ久保建英、現地メディアの評価は?「前半は活発だったが…」
「認識できない」引退から3年…元オランダ代表スナイデルの激太りに世界驚愕!120キロとの報道も。「衝撃的な変化だ」
「最もごう慢な男だった」C・ロナウドにスマホを破壊された少年の母親が再び激怒!対面時の会話を暴露「法的闘争になれば自分が勝つ。何が望みだ?」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ