• トップ
  • ニュース一覧
  • “相棒”イサクの仰天移籍で久保建英はどうなる? 現地紙は驚きの起用法に含み「クボのような慣れていないアタッカーを…」

“相棒”イサクの仰天移籍で久保建英はどうなる? 現地紙は驚きの起用法に含み「クボのような慣れていないアタッカーを…」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年08月26日

純粋なストライカータイプは19歳ひとり

息が合いつつあった久保とイサク(右)の2トップだったが…。(C)Getty Images

画像を見る

 レアル・ソシエダのスウェーデン代表FWアレクサンデル・イサクのニューカッスル移籍が確実となった。現地の報道によれば、移籍金はなんと7000万ユーロ(約98億円)。急転直下のオペレーションとなった。

 同僚の久保建英は、開幕2試合で2トップを組んだ“相棒”を突然失うことになった。もちろん影響はあるだろう。実際、カディスとの開幕戦で奪った移籍後初ゴールは、イサクがマークを引き付け、空いたスペースに飛び込んで決めたシュートだった。

 地元紙『Noticias de Gipuzkoa』によれば、開幕2節でいきなり主砲を失ったソシエダは、昨シーズンにRBライプツィヒからのレンタルでプレーしたノルウェー代表FWアレクサンダー・セルロトの再獲得を画策しているようだ。ただ、すぐに話がまとまるわけもない。

【動画】デ・ヨングからボールを奪取した久保が起点に!シルバ→イサクと渡ったソシエダの同点弾

 カルロス・フェルナンデスも故障中で、ストライカータイプが19歳のホン・カリカブルしかいない状況のなか、27日のエルチェ戦で前線はどうするのか。スペイン紙『Mundo Deportivo』はこう綴っている。

「最も自然な解決策は、イマノル・アルグアシル監督がカリカブルを信頼することだ。カルロス・フェルナンデスは負傷しているが、彼はトップチームで問題なくプレーしているもう一人の純粋なストライカーだ」

 同メディアは「代替手段は、(モハメド=アリ)チョやクボのような、慣れていないアタッカーのコンバートだ」と続けている。

 開幕2戦は、久保はセカンドトップの役割で、最前線にはイサクがいた。ただその相棒がいなくなり、このレフティが“偽の9番”として起用される可能性があるとの見立てだ。

 驚きの一手とも言えるが、いずれにしても、せっかく息が合ってきた“ズラタン2世”が退団した影響は小さくなさそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】ワントラップから右足でボレーシュート!久保建英が鮮やかに決めた移籍後初ゴールをチェック

【動画】「美しいの一言」「さすがのクオリティ」と称賛!久保建英が披露した“神トラップ”2連発

【動画】「漢の背中だ」「でかくなってる」試合後に上半身裸で一人ピッチを歩く久保建英

【関連記事】
「シルバと見分けるのに苦労した」久保建英のバルサ戦、ソシエダ番記者は評価は? 「鋭いプレスは蜂が刺すよう。怠ってしまったのが…」【現地発】
「黄金世代のスターだった」8歳の久保建英を発掘した元バルサ関係者が語る、“日本の至宝”の過去と現状 「マジョルカやヘタフェでは才能を排除するだけ」
「脅威になるのは明らか」「とても速い」初先発の三笘薫に現地メディアは高評価!ファン投票のMOMにも選出
「ひどすぎる!」33歳の元中国代表DF、出場2分で敵FWの足を踏みつけ→主審にブチギレの愚行に批判殺到!「即解雇しろ」
「クボは僕たちのスタイルで重宝される」鮮烈デビューの久保建英を同僚のスペイン代表MFが賞賛!「五輪でも苦しめられた」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ