【J1採点&寸評】松本×G大阪|松本の勝利は目前だったが……倉田の劇的な同点弾でG大阪が勝点1をもぎとる

カテゴリ:Jリーグ

大枝 令

2015年09月20日

失点に絡んだ喜山、岩間は厳しく採点。2トップは及第点以上の働き。

【警告】松本=なし G大阪=金(58分)、東口(58分)、倉田(75分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】オビナ(松本)

画像を見る

【試合内容】
 互いに持ち味を出し切った末、1-1のスコアで勝点1を分け合う結果に。
 
 先手を取ったのはホームの松本。7分、右サイドを攻略すると、田中のクロスからオビナが豪快にネットを揺らす。その後は自陣ゴール前で粘り強く守る松本に対し、G大阪が一方的に攻める展開となる。
 
 迎えた後半、G大阪は倉田を投入し、4-2-3-1へのシステムチェンジなどで攻勢を強めたが、なかなか松本ゴールをこじ開けられない。
 
 このままタイムアップかと思われたアディショナルタイム、宇佐美のクロスを倉田がヘッドで押し込み、G大阪が土壇場で同点に追いついてみせる。
 
 G大阪にとっては劇的な、松本にとっては悔しさが残るドローゲームとなった。

【J1 PHOTOハイライト】2ndステージ・11節
 
【チーム採点・寸評】
松本 6
7分に幸先良く先制点を奪った後は、全員がよく走り、よく耐えた。それでも、前節同様、アディショナルタイムに同点ゴールを許してしまうあたりに、チームとしての未成熟な部分が垣間見える。格上相手に引き分けという結果は悪くないが、ダメージのほうが大きい勝点1だった。
 
G大阪 5.5
ACL準々決勝第2戦で出場停止だった宇佐美を含め、中3日で迎えたこの試合では、全北現代戦から先発5人を入れ替えて臨んだ。早い時間帯に先制を許し、苦しいゲーム展開となったが、最後の最後に途中出場の倉田が殊勲の同点弾を決めて、最低限の結果を手にした。
 
【松本|採点・寸評】
GK
1 村山智彦 6
宇佐美の枠内ミドルを二度防いだほか、クロスに対しても果敢に飛び出してピンチを未然に阻止。最後の失点はGKを責められない。
 
DF
11 喜山康平 5.5
不慣れながらも、3バックの左で2試合連続の出場。アグレッシブに戦ったが、倉田への寄せがあと一歩足りず、痛恨の失点を許した。
 
4 飯田真輝 6
187センチの長身を存分に活かし、自陣ペナルティエリアに“鍵”を掛けた。だからこそ、守備陣のリーダーとしては最後の失点が悔やまれるだろう。
 
30 酒井隆介 5.5
3バックの右でプレーし、時折見せるオーバーラップで攻撃を活性化。それでも、存在感は希薄だったか。
 
MF
36 安藤 淳 6
左ウイングバックとして出場し、及第点の出来。特に攻撃面ではセンスを発揮して、いくつかのチャンスを演出してみせた。
 
5 岩間雄大 5.5
アンカーとしてG大阪の強力な攻撃陣に対峙。失点シーンでは宇佐美のクロスに反応したものの、撥ね返せず……。
 
3 田中隼磨 6.5
右サイドで攻守両面において出色のパフォーマンス。オビナの先制ゴールをアシストしたクロスは見事だった。
 
26 キム・ボギョン 6
加入後、自身初のホームゲームでスタメン出場。際立ったプレーは少なかったものの、献身的な働きで中盤を引き締めた。
 
8 岩上祐三 5.5
セットプレーではフリーの飯田に合わせられないなど、精度が今ひとつ。流れのなかでは精力的に振る舞い、チームを鼓舞した。
 
FW
23 工藤浩平 6.5
豊富な運動量を武器に前線をかき回した。鋭い飛び出しと的確な落としで、先制点の起点になるプレーも。
 
9 オビナ 6.5
7分の先制弾は、ふたりのDFをものともせずに力強く右足を振り抜いた。その後は攻守ともによく走るなど、要所で頼りになった。
 
交代出場
MF
6 岩沼俊介 6
64分にキム・ボギョンとの交代で途中出場。特大のインパクトを放ったわけではないが、地道にスペースを埋めるなど、計算できる戦力として奮闘した。
 
FW
39 阿部吉朗 ―
オビナと2トップを組み、前線から圧力をかけたが、時計の進め方にベテランらしい老獪さが欲しかった。
 
監督
反町康治 6
打つべき手は打ち、格上相手との大一番で互角の戦いに導いた。交代カードを一枚残したのも、相手のパワープレーに対して現状維持が次善の策だと判断したため。
【関連記事】
【J1採点&寸評】湘南×松本|遠藤の劇的なロスタイム弾で湘南がドローに持ち込む
連載|熊崎敬【蹴球日本を考える】サッカーの奥深さを伝える松本の「汚いボール」
【J1採点&寸評】鹿島×G大阪|G大阪に逃げ切られ、鹿島が新体制下で初の黒星
【G大阪】エース宇佐美に復調の気配。2ゴールに秘められた、確かな「狙い」と「修正力」
【ACL結果&日程】ベスト4が出揃う! 準決勝は「G大阪 vs 広州恒大」「アル・ヒラル vs アル・アハリ」
【ACL準々決勝】G大阪×全北現代|代表戦士が意地の一発。3-2でG大阪が準決勝に駒を進める

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ