• トップ
  • ニュース一覧
  • セルティック開幕戦、日本人3選手の現地評価は?「DFにとって悪夢」「十分にエネルギッシュ」

セルティック開幕戦、日本人3選手の現地評価は?「DFにとって悪夢」「十分にエネルギッシュ」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年08月01日

「人生が懸かっているかのように走って追い回した」

開幕戦で揃って先発した(左から)前田、旗手、古橋。(C)Getty Images

画像を見る

 シーズン開幕戦での日本人選手のゴールはなかった。だが、セルティックはスコティッシュ・プレミアシップ初戦でアバディーンを2-0と下し、白星発進している。

 日本人選手は古橋亨梧、前田大然、旗手怜央が先発出場し、古橋が65分、前田と旗手が66分までプレーした。開幕前に負傷が明らかになった井手口陽介はベンチ外だった。

 開始早々にセットプレーで先制したセルティックは、古橋が何度かゴール前に詰め寄る場面もあったが追加点ならず。75分、ジョッタのミドルシュートでリードを広げて初戦を制している。

 地元メディア『THECELTICWAY』は、採点記事で出場した日本の3選手いずれも6点と評価した。

 旗手については「(マット・)オーライリーによる素晴らしいお膳立てから序盤に低めのシュートを放つも阻まれた。いつもサイドのマエダにボールを散らしたり、キラーパスを狙おうとしていた。後半に後方からの荒いタックルの犠牲者となって交代」と伝えている。

 古橋に関しては「(ギオルゴス・)ギアクマキスの得点王の座を狙う日本人ストライカーは、シュートをGKに阻まれ、オーライリーの見事なクロスからのシュートは枠をとらえず。十分にエネルギッシュだったが、あまり供給が万全でなかったことで時折不満をうかがわせた」と評価している。

 また、前田には「常にウイングを独占し、自由にジョッタと入れ替わった。MFたちから継続的に供給があり、彼自身は人生が懸かっているかのように走って追い回した。最後のサイドからのボックス内へのボールは改善の余地があるかもしれないが、まったく息を突く間を与えないのでDFにとっては悪夢だ」と好意的に報じた。

【動画】セルティック開幕戦で旗手、古橋が立て続けにゴールを急襲
 一方、『THE SCOTSMAN』は、旗手を7点と高評価。「非常に力強くスタートし、ファイナルサードに忍び込んで、時につなぎ役となった。後半、何度か激しいチャレンジを受けた結果、交代に」と伝えている。

 前田と古橋には6点をつけ、前者については「左サイドで見事なスタートを切るも、ジョッタと入れ替わったときに失速。相変わらず、ボールを持っていないときのクオリティは確か」と評した。

 古橋のことは「ボックス付近で何度か賢い走りで良い位置をとったが何もなく、比較的静かなパフォーマンス。前半のオーライリーのクロスに反応したのが最も得点に近づいた」と報じている。

 加入1年目の昨シーズン、いずれも高く評価された3選手だけに、2年目の今季は期待値が高まっている。それだけに見る目も厳しくなっているが、重圧をはねのけてさらなる飛躍を遂げられることを期待したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】2022年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!

【PHOTO】2022年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち
【関連記事】
「欧州とは違う」日韓戦惨敗で揺れる韓国。英雄パク・チソンが旧態依然のシステムに苦言。「最も深刻だと感じるのは…」
「日本に嘲笑されて恥ずかしくないのか?」日韓戦で“0-3”4連敗の韓国代表、母国メディアの批判は収まらず!「かつては我々を恐れていたのに…」
「ドウアン>他全員」「GOAT」デビュー即決勝点の堂安律に現地ファン大興奮!20歳の同僚はまさかの“公開お誘い”
「メッシのような見事な動き」久保建英の決定機創出シーンを海外賞賛!
「日本人に敵意はない」古橋亨梧に人種差別を働いた宿敵ファンに罰金刑。弁護士が弁明「不適切な冗談」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ