STVV守護神シュミット・ダニエルの武器は“割り切る力”。カタールW杯でピッチに立つ自信は「もちろんある」【独占インタビュー】

カテゴリ:日本代表

中川翼(サッカーダイジェストWeb編集部)

2022年07月30日

欧州でのプレーで「一番変わったのは“割り切る力”です」

ベルギーで4年目を迎えるシュミット。「無失点の試合を昨シーズンより多く残す」と意気込む。写真:シント=トロイデン

画像を見る

 日本代表の6月シリーズでは、パラグアイ戦で約1年半ぶりに代表のピッチに立った。クラブではベルギーのシント=トロイデン(STVV)に所属し、今季4年目を迎えた。欧州で研鑽を積む30歳の守護神に、新シーズンへの意気込み、香川真司の影響力、カタール・ワールドカップを控える現在の心境、“ライバル”権田修一の存在などについて訊いた。

――◆――◆――

――7月23日にベルギーリーグが開幕します。新シーズンに向けて、仕上がりは順調でしょうか?(編集部・注/取材は7月19日に実施)

「プレシーズンでは全体的に追い込んで身体をいじめてきてて、コンディションを上げるという部分はちゃんとできています。コンディションの面で不安は全くないですし、モチベーションも、去年より良い成績でシーズンを終えられるようにということを、チームメイトみんなで言っているので、そこに向かって高まっています」
 
――欧州でのプレーは4年目。自身の中でどんな変化がありますか?

「一番変わったのは“割り切る力”です。『今のはしょうがない』とか『ミスも起こるよね』みたいな割り切るマインドは、成長したって言っていいのか分からないですけど、あんまり物事を重く捉えすぎても自分の負担になるだけなので。そこがJリーグにいたときは結構苦労していたので、割り切る力はついたかなと思っています」

――“割り切る力”はどのように身につけたのでしょうか? 海外の選手たちはそういったマインドでプレーしているのですか?

「そうですね。僕にはそう見えます。ミスがあっても自分のミスっていう感じを出さないし、そんな引きずっている感じもない。次々と切り替える選手が多い。そういうことは周りの選手から学んだことかなと思います」

――プレーの面で変化したことは?

「リスクを冒す、冒さない、というところ。例えば、ハイボールに対して飛び出していくとか、ボールを繋ぐ部分では、あまり無理なリスクは冒さないようになってきたかなと思います」
 
【関連記事】
【采配検証】なぜ指揮官は今までシュミット・ダニエルにチャンスを与えてこなかったのか。大胆な舵取りへの転換を期待したい
森保采配に疑問。なぜガーナ戦でシュミットではなく川島を先発させたのか
「女優か!」なでしこ岩渕真奈が披露した“大人カワイイルック”に賛辞続々!「カッコいい綺麗じゃん」
「日本との格差はさらに広がった」韓国サッカー界の専門家や育成担当が指摘する“致命的な問題点”「登録選手数は韓国の9倍」
「低レベルの韓国サッカーが悪い?」日本戦惨敗後にベント監督が発した“責任逃れ発言”に非難殺到!「更迭すべきか早急な議論を」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ