再開前にチェック! 移籍市場終了で立場は変わった? 欧州日本人選手の現状は――|セリエA 本田・長友編

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2015年09月10日

本田:ボナベントゥーラ、スソとの熾烈な定位置争いが続く。

トップ下のポジション争いは熾烈。本田は指揮官を納得させるパフォーマンスを見せられるか。 (C) Getty Images

画像を見る

 代表ウイークを終え、今週末から世界各国で国内リーグが再開するが、欧州ではほとんどの国で、移籍市場が閉まってからの最初のリーグ戦となる。どのクラブも積極的な戦力補強を期限ぎりぎりまで展開。そこで獲得した選手たちの多くが、今週末に初お目見えすることになるだろう。
 
 欧州でプレーする日本人選手は、夏の補強を終えた各クラブで、立場がどのように変化したのだろうか。
 
 ここでは、主要な欧州日本人選手それぞれの現状を紹介するとともに、彼らの今後を展望していこう。
 
――◆――◆――
 
【セリエA編】
 
本田圭佑(ミラン)
今季成績:1試合・0得点
 
 ズラタン・イブラヒモビッチ(パリSG)、ロベルト・ソリアーノ(サンプドリア)を狙っていたが獲得に失敗。これでトップ下は当面、本田、ジャコモ・ボナベントゥーラ、スソの3人で争っていくこととなる。
 
 シニシャ・ミハイロビッチ監督はまだ、どのポジションにおいてもメンバーを固定する考えは持っていないようで、「練習の出来次第」(監督)でスタメンを選んでいく。よって、まだこの3人にも明確な序列はなく、熾烈なアピール合戦が日々、展開されるだろう。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ