【J1採点&寸評】G大阪1-2横浜|再三決定機を演出した水沼がMOM。東口の試合勘はまだまだか

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年06月19日

G大阪――選手層の薄さを露呈。痛恨のリーグ戦3連敗

【警告】G大阪=パトリック(25分)、クォン・ギョンウォン(75分、90分)、齊藤(80分)、横浜=なし
【退場】G大阪=クォン・ギョンウォン(90分)
【MAN OF THE MATCH】水沼宏太(横浜)

画像を見る

[J1第17節]G大阪1-2横浜/6月18日/パナソニックスタジアム吹田

【G大阪|採点】
スタメン)
GK
東口順昭 5
DF
藤春廣輝 5
三浦弦太 5.5
クォン・ギョンウォン 5
高尾 瑠 5.5(58分OUT)
MF
小野瀬康介 5.5
奥野耕平 5.5(58分OUT)
ダワン 6
石毛秀樹 5.5(62分OUT)
FW
パトリック 5.5(71分OUT)
山見大登 5.5(71分OUT)

途中出場)
DF
柳澤 亘 5.5(58分IN)
MF
齊藤未月 5(58分IN)
MF
倉田 秋 5.5(62分IN)
MF
ウェリントン・シウバ 5.5(71分IN)
FW
レアンドロ・ペレイラ 5(71分IN)

監督)
片野坂知宏 5.5
 
【G大阪|寸評】
 中断期間中に取り組んだ前からの守備が機能し、先手を取るも後半のガス欠は明らか。試合運びの拙さと選手層の薄さを露呈し、痛恨のリーグ戦3連敗となった。

 前半、機能したハイプレスを支えていたのは石毛の圧巻の運動量。前線から気の利いたプレスで周囲を助けたが、先制点を決めたダワンもシュート4本を放ち、その大半が相手の脅威になっていた。クォン・ギョンウォンがリスク覚悟の潰しを見せる一方で、上手くフォローに回っていた三浦も試合を通じての出来は上々。

 今季初出場となった東口はオフサイドの判定に救われたものの、L・セアラのシュートを止めきれず、試合勘はまだまだと見た。ガス欠気味のチームに早めにテコ入れを図った片野坂監督だが、誤算だったのは齊藤ら交代選手の低調さだった。

【PHOTO】ガンバ大阪の歴史を彩った名手たちと歴代ユニホームを厳選ショットで一挙紹介!
 
【関連記事】
「今の大迫と久保は選べない」セルジオ越後が選ぶ日本代表のW杯メンバーとは?
『僕はもう代表を辞めるから10番は君のものだ』ロドリゴがネイマールのまさかの発言を明かす! マドリーの新旧指揮官も…
「身体に触れることもできなかった」大久保嘉人のプレスが通用しなかった世界的名手とは?「超きつかった」
IFAB がPKのルールを改正、話題の“踊る守護神”にも影響か。「もう踊れなくなった」
「いくらなんでも酷すぎる」神戸の三木谷会長が柏戦の判定に怒り「抗議文を提出します。意味が不明だ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ