「いくらなんでも酷すぎる」神戸の三木谷会長が柏戦の判定に怒り「抗議文を提出します。意味が不明だ」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年06月19日

「あれがファール。。。」

判定について怒りの投稿をした神戸の三木谷会長。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 ヴィッセル神戸の三木谷浩史会長が6月18日、自身のツイッターで、判定について不満を述べた。

 現在リーグ最下位の神戸は、同日に開催されたJ1リーグの第17節で、柏レイソルとアウェーで対戦。1-3の逆転負けを喫している。

 物議を醸しているのが、1-1に追いつかれて迎えた41分のシーンだ。神戸のペナルティエリア内で、DF菊池流帆がスライディングをして突破を阻んだ柏のMF戸嶋祥郎が倒れると、主審はファウルと判定。当初はペナルティエリアの外だったとしてFKとしてが、VARチェック、オンフィールドレビューを経て、PKとなった。
 

 三木谷会長はこのジャッジに対して、「あれがファール。。。」「いくらなんでも酷すぎると思う」と連投ツイート。試合後にも、「正式にJ Leagueに抗議文を提出します。VAR を見て、どうしてこの判断になるのか、意味が不明だ」と投稿し、怒りを露わにした。

 この投稿には、ファンからも「完全に誤審に泣かされた」「納得がいきません」「レフェリーに泣かされすぎ」「本当に酷すぎます」といった賛同するコメントが寄せられている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連動画】三木谷会長が「酷すぎる」と不満を露わにしたPK献上シーン

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

【関連記事】
「別の映像があるけど見せられないと。理解不可能」神戸の三木谷会長が再び怒りの投稿、判定への不満収まらず「日本は審判批判はいけないという風土があるが…」
「スペインとは全く違う」神戸のロティーナ監督が“日本で受けた衝撃”を母国メディアに明かす!「スタジアムに着くと…」
「日本はマイナーに見えるかもしれない。だが…」神戸FWボージャンがJリーグで受けた“衝撃”を母国紙に語る!「ここには優秀な選手がいる」
「平和をもたらしてくれた」イニエスタ妻アンナさんが日本での“驚き”を告白「澄んだ空気と人々が移動するときの静けさ」
なぜ海外で力を発揮できない日本人選手がいるのか。元神戸ビジャの見解は?「ベースの能力はある。ただ、足りないのは…」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ