• トップ
  • ニュース一覧
  • なぜ海外で力を発揮できない日本人選手がいるのか。元神戸ビジャの見解は?「ベースの能力はある。ただ、足りないのは…」

なぜ海外で力を発揮できない日本人選手がいるのか。元神戸ビジャの見解は?「ベースの能力はある。ただ、足りないのは…」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年03月02日

「思ったようなレベルに到達できないケースがある」

神戸で1年間プレーし、現役を引退したビジャ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 バレンシアやバルセロナなどで活躍し、ヴィッセル神戸で現役を引退した元スペイン代表FWのダビド・ビジャ氏が設立した世界7か国で展開しているサッカースクール「DV7アカデミー」が先週、2022年の新規生徒募集に向けたオンラインセミナーを開催した。

 セミナーでは、「DV7アカデミー」の日本校が設立されて2年が経過し、Jリーグクラブのジュニアユースや先の高校選手権を制した青森山田高に進む選手を輩出するなど、ビジャ氏が関わった「DV7メソッド」の効果が子供たちの成長に着実な成果を出していることなどが紹介された。

 また、DV7ジャパンの監督を務めるアレックス・ラレア氏によれば、「考えるスピード」や「頭を使うトレーニング」を重視した育成をしており、ドミニカ校ではA代表の選手も送り出しているという。

 このセミナーには、ビジャ氏本人もマドリーから生出演。「日本でプレーしていた時、日本の子どもたちの見る機会があって、熱意があり、上手い子が多かった。その子たちとこのDV7メソッドが融合するといい形になる期待している」と話した。
 
 そのビジャ氏に、日本人がヨーロッパなど海外で活躍するために、どのような必要な能力を付けておくべきかを訊いてみた。

「例えば、スペインでプレーするとなった時、日本の選手には、ヨーロッパでサッカーをやるベースの能力はあると思う」と切り出した名手は、「ただ、海外では上手く行かない選手がいたり、思ったようなレベルに到達できなかったりするケースがある」として、その理由について見解を語った。

「おそらくだけど、僕の経験からすると、日本人には『適合』ができない選手がいる。サッカーにピッチの中と外があって、ピッチの中でいいプレーするには、外のことも重要。違う環境に慣れ、言語を習得し、周りに違う言語を話す選手がいることに慣れなければならない」

 ビジャ氏はさらに「ピッチ上では、日本よりもプレー判断を速くしなければいけない状況が多い。これに適応できればうまくいくが、適応できないと苦戦してしまう」と続けた。

 このDV7では、ビジャ氏の経験もふまえ、日本人に不足しがちな「速いプレー判断」を大切にしたトレーニングをしているという。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】圧倒的なインパクト!ビジャが決めた19年J年間最優秀ゴールをプレイバック!
【関連記事】
「Jリーグで一番すごいと思ったのは…」名手ビジャが絶賛した“完璧な選手”とは? 日本を愛する娘との秘話も明かす
「まるで別世界にいるよう」神戸FWボージャンが母国紙に語った日本の印象。とくに感銘を受けたのは?「お気に入りになった」
「衝撃だった」神戸FWボージャンは日本に来て何に驚いたのか?「海外の選手も…」
「次元が違う、アホちゃうか」本田圭佑、ロシア侵攻問題への批判に反論「まともな議論ができる人がこれほど少ないとは」
「日本の別のクラブから接触があった」神戸FWボージャンはなぜオファーを断ったのか

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 世界各国の超逸材を紹介!
    4月18日発売
    母国をさらなる高みに導く
    「新・黄金世代」大研究
    列強国も中小国も
    世界の才能を徹底網羅!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ