金田喜稔がチュニジア戦を斬る!「吉田と板倉が“譲り合った”2失点目は最悪。崩されたわけではないからこそ残念なミスだ」

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年06月15日

絶対に優勝するというこだわりが感じられなかった

日本はチュニジアに3失点の惨敗。吉田は痛恨のファウルで相手にPKを献上してしまった。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 日本はキリンカップの決勝、チュニジア戦で0-3の完敗。タイトルを逃したうえに、6月シリーズの最終戦を勝利で飾ることはできなかった。

 もちろん、ワールドカップのメンバー選考のための1試合であることは理解できる。だが私の意見としては、大会の決勝戦なのだから、タイトルという結果にもっと貪欲に向き合ってほしかった。

 選手個人がアピールすることに必死になって、チームとしてまとまりがなかったように見えたし、絶対に優勝するというこだわりがあまり感じられなかった印象だ。

 内容を見ても課題が残る試合となった。4-3-3のミラーゲームとなったなか、日本のビルドアップの場面でチュニジアの3トップは、CBの吉田と板倉をフリーにして、アンカーの遠藤を厳しくマーク。CBがボールを持ったときには、遠藤への縦パスのコースも上手く消しながら前線から守備をしてきた。
 
 それを嫌がった遠藤が、パスを受けやすいように吉田と板倉の近くまでポジションを下げたことで、チームも全体的に下がった。そのためチュニジアが押し上げてきて、前からのプレッシャーがさらに厳しくなった。ビルドアップがしにくくなり、日本にとって不利な状況が長く続いた。

 遠藤の立ち位置はゴール前の人数不足にも影響。伊東が右サイドを果敢に仕掛け、精度の高いクロスを何回も上げていたなか、ビルドアップの際に遠藤が下がっていたので、そのスペースを埋めるために前線の南野も下がらざるを得なくなってしまい、ゴール前に浅野か鎌田しかいないというシーンが多くあった。

 遠藤がポジションを下げなくてもいいよう、吉田と板倉がドリブルで前に出ていく積極性も必要だった。またベンチからの指示や周囲の選手の声掛け、遠藤が自ら判断してポジショニングを変更するなど、誰かがこの問題に気が付いて、試合中に改善することはできなかったのか。
 
【関連記事】
【セルジオ越後】負けるべくして負けたチュニジア戦。失点につながるミスも誘われた格好だ。梅雨入りした関西で、日本の戦いもジメジメしていたね
「日本が悲惨な敗北」森保ジャパンの完敗に中国メディアも驚き!「贈り物をし続けた吉田がザルだった」
【日本0-3チュニジア|採点&寸評】まさかの完敗。吉田、遠藤らが苦しい出来では…ワールドカップに不安
「もう放送するな」日本戦の中継がチュニジアでまさかの遅延!相手国ファンは怒り!「受け入れられない」
「この4年間なんだったの…」森保ジャパンがチュニジアに完敗! DFのミスから失点続き、1ゴールも奪えず「吉田マジ勘弁」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ