【J1採点&寸評】湘南0-2C大阪|ディフェンスリーダーのヨニッチは抜群の存在感。2失点の守備陣は厳しく評価

カテゴリ:Jリーグ

岩澤凪冴(サッカーダイジェスト編集部)

2022年05月30日

湘南――大橋、町野の2トップはポストプレーで起点

【警告】湘南=なし C大阪=毎熊(78分)【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】マテイ・ヨニッチ(C大阪)

画像を見る

[J1第16節]湘南0-2C大阪/5月29日/レモンガススタジアム平塚
 
【湘南|採点】
スタメン)
GK
谷 晃生 5
DF
舘 幸希 6
大岩一貴 5.5
杉岡大暉 5.5
MF
畑 大雅 6
池田昌生 6(71分OUT)
米本拓司 6
タリク 6(59分OUT)
石原広教 6(82分OUT)
FW
町野修斗 6(71分OUT)
大橋祐紀 6(59分OUT)
 
途中出場)
FW
瀬川祐輔 6(59分IN)
MF
山田直輝 6(59分IN)
FW
ウェリントン 6(71分IN)
MF
茨田陽生 6(71分IN)
MF
高橋 諒 ―(82分IN)
 
監督)
山口 智 5.5
 
【湘南|寸評】
「良い試合をしているが結果だけが伴わない」というのは、もはや見慣れた文言かもしれない。今節もそういった試合だった。無得点での敗戦も、攻撃陣を中心に軒並み及第点の出来で、上々の内容を物語っている。だが必要なのは結果だろう。
 
 アンカーの米本は前節同様、リスクを冒してプレッシング。インサイドハーフの池田、タリクは縦横無尽に動き回り攻撃を活性化した。畑、石原の両ウイングバックが積極的に仕掛け、クロスで好機を演出すれば、大橋、町野の2トップはポストプレーで起点になりつつ、2人で計6本のシュートを放った。得点には結びつかなかったが、決定機を生み出した。2失点の守備陣の採点は厳しくせざるを得ない。特に1失点目のミスは13節の横浜戦と同じ形で、修正は急務と言える。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定したこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
【関連記事】
「世界最高のDFだと?」涙のファン・ダイク、失点シーンの“ノールック・ディフェンス”に辛辣批判!「最悪の守備だ」
「試合前日なので今年は…」30歳となった柴崎岳、女優の妻・真野恵里菜さんの祝福が反響!「内助の功」「幸せもん」
「エムバペよ、見たか?」マドリーファンがパリで掲げた“皮肉”たっぷりのユニホームが話題!「わざわざ作るなんて頭がおかしい」
「最高の4ショット!」マドリー戴冠後のレジェンド集合カットが大反響「完璧だ」
「ベンゼマが獲れなかったら茶番だ」ファーディナンドがバロンドール論争に決着と見解!ジェラードも同調「若い子は彼を見るべき」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ