「柏の時は攻撃重視だった」中山雄太がなぜ“守備職人”になりえたのか。オランダでの成長とズウォーレ降格への思いを語る【現地発】

カテゴリ:海外日本人

中田徹

2022年05月16日

「チームを苦しめるような言葉ではなく、ずっと温かな言葉をかけてくれた」

ズウォーレは降格したが、主力として奮闘を見せた中山。(C)Getty Images

画像を見る

 前節のスパルタ戦に負けて2部降格が決まってしまったPEC(ペック)ズウォーレだったが、最終節のホームゲームは穏やかなムードに包まれていた。開幕から不振を極めていた頃のピリピリした空気とは大違いだ。

 開幕から17節まで、わずか勝点6で最下位だったズウォーレは、18節からの後半戦で21ポイントを稼ぎ、一時は降格圏から脱出するなど右肩上がりの成長を見せた。その間に、チームとサポーターやファンの間に共感が生まれ、たとえ敗色濃厚の試合でも監督と選手を信じる空気が醸成された。

 負けて許されなかったのはゴアヘッド・イーグルスとのダービーマッチだけ。これほどサポーターのフラストレーションを感じない降格圏のチームはないだろう。彼らは降格が決まっても優しかった。

【関連動画】「空を飛ぶ鷲のようだ!」現地実況も吼えた打点の高いヘッド!中山雄太がフローニンヘン戦で決めた劇的同点弾
「降格が決まってしまったとき(スパルタ戦)は、すごく温かい言葉をかけてくれました。翌日、『(最終節の)PSV戦はチームをサポートしてくれた人たちに対して、僕たちは全力で試合をしよう。勝利を目指して頑張ろう』と監督と話をしました。今日、スタジアムに来るとサポーターがたくさんいていい雰囲気を作っていただいた。試合が始まる前、終わってからも『まさにこれがサッカー』じゃないですけれど、PECズウォーレを通じてやはり深いものを感じました」

 そのPSV戦を1-2で落とし、サポーターへの感謝の勝利を届けることができず、悔しさをにじませながらも、DF中山雄太はしんみりと語った。

「今シーズンは苦しい時期が多かった。おそらく、サポーターは少なからず『もっとやれよ』と思っていたはずです。そこで、さらにチームを苦しめるような言葉ではなく、ずっと温かな言葉をかけてくださった。チームが厳しかった状況の中で、それはエネルギーになりました。

 前半戦だけで見れば他のチームもメディアも『僕たちが落ちる』という認識だったと思う。最後まで(残留争いを)もつれこませたというのは、“僕らが作り上げたもの”プラス“サポーターの情熱”だったりした。僕らは全力でやっているだけ。それにブースターをかけたサポーターの後押しというのは間違いなくあったと思います」

 長年、ポゼッションサッカーを積み重ねてきたズウォーレは、ホッフェンハイムでコーチの経験を持つディック・スフローダー監督の就任によって4-3-3から3-5-2にシステムを変更し、ゲーゲンプレッシング戦術に大きく舵を切った。リベロに抜擢された中山は、ヘディング、カバーリング、フィード、攻撃参加などで新システムを支え、後半戦で盛り返しを見せたチームの牽引役の一人となった。

【PHOTOギャラリー】日本代表戦を彩る美女サポーターたちを一挙紹介
【関連記事】
「優勝はタキのおかげだ」決勝でベンチ外の南野拓実、“得点王”でカップ2冠への貢献に称賛相次ぐ!「彼の貢献を忘れるな」
「なぜタキがもらえないんだ?」南野拓実は優勝メダルなし…リバプールの“機内記念ショット”にファン悲嘆!「FA杯のトップスコアラーだぞ、気の毒だ」
「帰ったら僕の家の前に…」“LEGENDO”遠藤航が子どもたちからの“ほっこりメッセージ”に感激!
「何時間でも見られる」劇的千金弾を決めたキャプテン遠藤航の胴上げシーンが反響!「レジェンドだ」
「ソン・フンミン、めっちゃいい人」韓国エースが内田篤人との再会に“神対応”!「日本人選手は素晴らしいよ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ