「アサーノはボンバー、ファンなんだ」「マジでいいよ!」ボーフム本拠地で聞いた浅野拓磨のリアル評。“相手が嫌がる選手”の価値をファンは理解【現地発】

カテゴリ:ワールド

中野吉之伴

2022年05月14日

「今日だけじゃないよ。ずっといいプレーを見せてくれている」

ホッフェンハイム戦で圧巻の2ゴールを決めるなどシーズン後半に調子を上げた浅野。(C)Getty Images

画像を見る

 日本代表FW浅野拓磨が所属するボーフムの今季ホーム最終戦は、和やかな雰囲気で試合が行われるかと思われていた。すでに残留を果たしているからだ。試合前には、今季でチームを去ることになる選手一人一ひとりに記念品が贈呈され、このお別れセレモニーがこの日のメインイベントになるのではという声もあった。

 一方、対戦相手の奥川雅也がプレーするビーレフェルトは、勝たなければ残留の可能性が極めて厳しくなる。モチベーションという面でもアウェーチームが有利というのがドイツメディアの予想だった。

 ところが、開始直後から躍動感のあるプレーの連続であっという間に試合を支配したのはボーフムのほうだ。ビーレフェルトにほとんど攻撃を許さずに、次々にチャンスを構築。ファンは大きな声援でチームの背中を押していく。22分にセバスティアン・ポルターが先制ゴールを決めると、スタジアムは一段とボルテージを上がった。

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち
 記者席に座る私の耳に何度も聞こえてきたのが、「アサーノ!」という声援だ。攻撃では鋭い飛び出しとチャンスにつながるパスで起点となり、守備でも多くのシーンで貢献。後半に左サイド自陣深いところで相手のボールをカットし、そのあとも的確なパスで攻撃につなげたシーンでは、「おいおい、またアサーノだ。マジでいいよ!」「ああ!」という興奮したファンの会話があった。

 結局、ボーフムは2-1でホーム最終戦を勝利で飾り、チームは試合後長い間グラウンドに残り、ファンとともに何度も何度も喜びあっていた。

 ボーフムでは、試合後の監督会見がまだリモートで行われる。ミックスゾーンはなし。メディアルームも閉ざされたままなので、記者席から参加することになる。準備をしていたら、後ろからファンに話しかけられた。

「アサーノの取材?彼はボンバーだよ!」

 ボンバーというのは、ドイツにおいて結構な誉め言葉だ。うれしくなって「浅野は本当に今日いいパフォーマンスをみせていたよね」と返すと、「いやいや、今日だけじゃないよ。ずっといいプレーを見せてくれている。俺はアサーノのファンなんだ。ユニホームを買おうと思っているよ。チームのために戦ってくれるし、スピードがあるし、あとアイデアもある。素晴らしい選手だ」とさらに称賛の言葉を並べてきた。
 
【関連記事】
「なぜミナミノがいないんだ?」ハーランド、マネ、ケイタ…独メディアが選出した“元ザルツブルクのベスト11”、南野拓実の選外が物議!
「ソン・フンミン、めっちゃいい人」韓国エースが内田篤人との再会に“神対応”!「日本人選手は素晴らしいよ」
「いつも食事の時は一緒のテーブル」南野拓実がリバプールで仲の良い選手は? 「オリギとか。一緒のマンションに住んでたことも」
「サッカー人生で最高の人物の一人」リバプールDFが元同僚の内田篤人を絶賛!「僕の面倒を見てくれた」
「ヴェンゲルは間違えていなかった。ただ…」ドイツの“敵”となる浅野拓磨をブンデス公式が特集! 鮮烈2発に「計り知れない才能だ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ