PKキッカーの鈴木優磨に同僚カイキがかけた一言。“VAR介入でやり直し→2回目は成功”の舞台裏

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年05月14日

「自分の狙ったところに思い切って蹴りました」

2得点の活躍を見せた鈴木。PKの場面ではA・カイキ(17番)の助言もあり、見事に成功させた。(C)J.LEAGUE

画像を見る

 PKの場面では、チームメイトの“アシスト”が功を奏した形か。

 5月14日に行なわれたJ1第13節で、鹿島はホームで札幌と対戦し、4-1の快勝を収めた。

 この試合で鹿島の鈴木優磨は2得点の活躍ぶりを披露。試合後のフラッシュインタビューでは、「前節、チームとしても個人としても非常にひどい試合(●0-3/広島戦)をしたので、今回はなんとしても、ホームで必ず勝ちたいと思っていた。そのなかでゴールを決めることができて、非常に嬉しいです」と喜びを伝えた。

 1-0で迎えた30分、PKの場面でキッカーを務めた鈴木は、ほぼ正面を狙ったシュートを止められてしまう。だが、VARの介入で、札幌側の選手がPKを蹴るより早くエリア内に侵入したとみられ、やり直しに。

「最近、PKに苦手意識があった」鈴木は、2回目を蹴る前にはアルトゥール・カイキから「思い切って蹴れ」と言われたという。

 そして、仕切り直しの一発をゴール左隅に突き刺す。鈴木は「自分の狙ったところに思い切って蹴りました」と振り返る。
 
 背番号40はさらに45+1分、右サイドを抜け出したA・カイキのグラウンダーのクロスから、この日、2点目をゲットする。

「あれも狙っていた形。カイキがマイナスを見てくれて、ふかさず、しっかり当てることができれば入るなと思っていた。僕の得意な形のシュートだったかなと思います」

 鹿島は今節の勝利で勝点を28に伸ばし、首位の座を堅持。鈴木は「今シーズンは良い成績を残そうと、みんな頑張っていて、ファンもたくさん応援してくれています。必ず良い形で終われるように頑張ります」と気合いを入れた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連動画】前半だけで2ゴール! A・カイキのお膳立てから優磨が鮮やかフィニッシュ!「僕の得意な形のシュート」

「さすがの動き出しからのフィニッシュ」鹿島・上田綺世の電光石火の先制弾に脚光!「もう代表確実だろ」

「映画のポスターかと思った」「逃走中のハンターに見えるような…笑」鹿島戦士のスタイリッシュなスーツ姿に反響!

【PHOTO】鹿島アントラーズの歴史を彩った名手たちと歴代ユニホームを厳選ショットで一挙紹介!
 
【関連記事】
【J1採点&寸評】鹿島4-1札幌|MOMは芸術的パス連発のピトゥカ! 強力2トップの鈴木&上田も「7」
阿修羅のごとく、“凄み”が増した鈴木優磨。威風堂々たる立ち振る舞いで鹿島をけん引。潔く、一切の迷いも妥協もなく勝利を追い求める
「試合はバチバチなのに…」金崎夢生が鈴木優磨のモノマネ披露? “仲良しコンビ”選手入場前の一コマに反響!
「日本でしかできない。欧州では不可能」38歳となった重鎮イニエスタへの同僚の“手荒い祝福”に母国衝撃!「スペインで最も重要な選手の一人が…」
「なぜミナミノがいないんだ?」ハーランド、マネ、ケイタ…独メディアが選出した“元ザルツブルクのベスト11”、南野拓実の選外が物議!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ