名古屋が7試合ぶりの白星! 仙頭啓矢の開始早々の先制弾を守り抜きC大阪を1-0撃破

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年05月14日

C大阪は終盤の攻勢実らず今季アウェー初黒星

先制ゴールを挙げ、名古屋に久々の勝利をもたらした仙頭。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは5月14日、第13節の8試合を各地で開催。豊田スタジアムでは名古屋グランパス対セレッソ大阪が行なわれ、1-0で名古屋が勝利を収めた。

 立ち上がりから主導権を握る名古屋が先手を取る。6分、マテウス・カストロのスルーパスに抜け出した仙頭啓矢がGKとの1対1を冷静に制し、今季リーグ戦2ゴール目を挙げた。

 勢いに乗ると、33分には酒井宣福のグラウンダーのクロスにマテウスが合わせてネットを揺らす。しかしこれは、その前のプレーでオフサイドがあったとして得点は認められなかった。

 C大阪は名古屋の強度の高い守備に苦戦。中盤でのボールロストも散見され、思うように前進できず。相手のペースで時間が推移する。
 
 ただ終盤にかけて徐々にリズムを掴み、攻勢を仕掛けるも、フィニッシュの精度を欠いて1点が遠く。最後まで粘り強くリードを守り切り、勝利した名古屋が7試合ぶりの白星。C大阪はアウェーで初の敗戦を喫した。

 次節は21日、名古屋はアウェーで清水エスパルスと、C大阪はホームでガンバ大阪と対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】仙頭啓矢が先制弾! マテウスからのスルーパスを受け確実にネットを揺らす

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブ”美女チアリーダー”を一挙紹介!

【PHOTO】サポーターが創り出す圧巻の光景で選手を後押し!Jリーグコレオグラフィー特集!
【関連記事】
「サッカー選手は社会的信用が低い」佐藤寿人が住宅ローン審査に落ちた過去を告白「すごいショックでした」
「めちゃくちゃ上手かった」松井大輔が日本人最強ドリブラー3人を選出! “スペインの成功者”と激賞したのは?
「いい選手だけど嫌い」林大地がSTVVファンから“嫌われている”日本代表戦士を明かす「サポーターがめっちゃ言う」
「ソン・フンミン、めっちゃいい人」韓国エースが内田篤人との再会に“神対応”!「日本人選手は素晴らしいよ」
「スペインとは全く違う」神戸のロティーナ新監督が“日本で受けた衝撃”を母国メディアに明かす!「スタジアムに着くと…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ