「先を見越してチャレンジした」U-21日本代表、合宿最終日のTMで選手の“配置換え”を敢行。大岩監督の意図とは?

カテゴリ:日本代表

松尾祐希

2022年05月12日

並びを変えざるを得ない事情も

大岩監督率いるU-21日本代表は、国内合宿最終日に大学選抜と練習試合を実施し、0-2の敗戦を喫した。写真:滝川敏之

画像を見る

 円陣の輪が解け、選手たちが持ち場につく。しかし、ピッチに散った選手の並びを見て、驚きを隠せなかった。

 千葉県内で合宿を行なっているU-21日本代表候補は、最終日となる5月11日に大学選抜とトレーニングマッチ(35分×2本)を実施し、0−2で敗戦。1本目と2本目で全選手を入れ替えて臨んだ一戦は、相手の勢いに飲み込まれる結果となった。

 今回、大岩剛監督が選択したシステムは4−3−3。3月下旬のドバイカップでも試した布陣だが、メインは4−2−3−1だったため、新たなチャレンジと受け取れる布陣だった。しかし、一番の驚きはシステムではない。選手の配置である。

 所属クラブによってシステムや戦い方が異なるため、一概に普段とポジションが違うとは言い切れないが、1本目ではCFが本職の染野唯月(鹿島)、2本目ではサイドハーフがメインの三戸舜介がインサイドハーフで起用された。
 
 もちろん、招集した選手たちのコンディションを考慮した側面があり、並びを変えざるを得ない事情があった。大岩監督は言う。

「コンディションはもちろん、所属クラブでの試合間隔、出場時間。そういうのを含めて1本目の選手、2本目の選手をチョイスしました」

 ただU-21代表が6月に参戦するU-23アジアカップまで、残された時間は少ない。6月3日の初戦・UAE戦が約3週間後に迫ることを考えれば、3日間のショートキャンプの総仕上げとなるトレーニングマッチは貴重な時間だ。そこで指揮官は、意図的に普段とは違うポジションで数名の選手を起用した。その狙いについて、大岩監督はこう説明する。

「選手の特徴を踏まえてわざとこの形でやってもらいました。戦術的な部分も含めて、我々の意図、これから先のことも含めて、(スタッフは)こういうプレーを望んでいると(伝えたかった)。大会中にイレギュラーなことがあれば、違うポジションでもやらなければいけない。先を見越したなかでチャレンジをさせて要求をしました」

 選手たちも指揮官の意図を汲み取ってプレーした。

「やったことのないポジションだったけど、自分としてはもっともっとボールに関わりたかった。前のチャンスメイクがもっとできたら良かったと思う」(染野)
 
【関連記事】
松木玖生はA代表に選ばれるレベルにあるのか?【コラム】
「とんでもない選手になる可能性がある」松井大輔がW杯で期待する森保Jの3人は?「活躍しないと日本の勝利が見えてこない」と評価したのは…
U-21日本代表候補を2-0で撃破した全日本大学選抜が強い。守備では広島加入内定DFが、攻撃では柏加入内定MFが活躍
パリ五輪を目指すU-21日本代表候補が大学選抜と練習試合を実施。松木玖生が先発し、中島大嘉がチャンスを掴んだが0-2で敗戦
「いい選手だけど嫌い」林大地がSTVVファンから“嫌われている”日本代表戦士を明かす「サポーターがめっちゃ言う」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ