“日本の宝石”中井卓大はマドリーのトップに昇格できるポテンシャルがあるのか。番記者に直撃「現時点で答えるなら…」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

セルヒオ・サントス

2022年05月10日

「恵まれた才能の持ち主であるのは間違いない」

現在はフベニールAが主戦場となっている中井。(C)Mutsu FOTOGRAFIA

画像を見る

 将来的なレアル・マドリーのトップチーム昇格が期待されているのが、現在はフベニールA(U-19相当)で研鑽を積む18歳の中井卓大だ。「ピピ」と呼ばれた少年時代から注目されてきた“日本の宝石”は、世界屈指のビッグクラブでのトップチームでプレーできるのか。現時点での可能性を、マドリーの内部事情に詳しい『AS』紙のセルヒオ・サントス記者に訊いた。

―――◆―――◆―――

 ナカイ(中井卓大)は2月にレアル・マドリーと2025年6月まで契約を延長した。それで何かを保証されたわけではないが、クラブの期待の裏返しではある。一つ確かなのは、トップチームはまだまだ遠い存在であることだ。

 例えばプレシーズンキャンプはカンテラの選手にとっては格好のアピールの場であるが、今夏のメンバー争いにおいてブルーノ・イグレシアスやフレン・オン・ゲレーロらに後塵を拝しているのが現状だ。

 ナカイが恵まれた才能の持ち主であることは間違いない。しかし今シーズンも殻を破れないまま終わろうとしている。マドリーのカンテラの関係者は、「技術的には素晴らしい。しかしプロを目指すにはプレー強度を高めなければならない」と語る。もっともこの指摘はここ数年、何度も繰り返しされてきたことだ。

 ナカイは今シーズン、エルナン・ペレス監督率いるフベニールA(U-19相当)に所属した。戦いの舞台は、同カテゴリー国内最高峰のディビシオン・デ・オノール。出場機会を得るには厳しい競争を勝ち抜く必要があったが、ナカイはスタメンとベンチを行ったり来たりした。

 一方、UEFAユースリーグとコパ・デル・レイ・フベニール(ユース国王杯)ではベンチスタートが続き、立ち位置的にはレギュラーよりも控えに近かった。コパ・デル・レイ・フベニール決勝のエスパニョール戦で、マドリーに優勝をもたらすゴラッソを決め脚光を浴びたが、その一戦もベンチスタートだった。

【動画】国王杯優勝を決める衝撃のゴラッソ!「魂を込めたシュート」と現地紙が絶賛した中井の豪快弾
 来シーズンのナカイの目標は、カスティージャ(マドリーB)で居場所を勝ち取ることだ。今シーズン限りでアントニオ・ブランコ、ミゲル・グティエレス、ラファ・マリンらチームを支えてきた主力がごっそり抜ける。

 フベニールAの選手にとっては大きなチャンスだが、不動の中心選手のイグレシアスをはじめ、ゲレーロラ、ファエル・オブラドール、マルベル、アルバロ・ロドリゲスに比べてナカイの今シーズンのパフォーマンスは見劣りし、現時点では昇格を保証されてはいない。
 
【関連記事】
「美男美女ですね!」R・マドリーの中井卓大が投稿した姉との2ショットに反響! 久保建英との共演を望む声も続々
「未来のスターだ」マドリー中井卓大、“リーガ制覇”の当日にベルナベウのピッチに立つ!一体なぜ?「どこいるかすぐわかった」
「人生で初めて決めました」マドリー中井卓大が投稿した衝撃FK弾が反響!「やばい」「マルセロからコメント貰ってるのえぐい!」
「松木安太郎ジャパン」のW杯メンバー23人は超攻撃的!サプライズ枠は? 久保建英の活用法は?
まさかの大敗…久保建英にスペイン紙が屈辱の「0点」評価。地元紙は序盤の決定機逸を酷評「グラナダを目覚めさせただけ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ