• トップ
  • ニュース一覧
  • 平畠啓史チョイス“至極の11人”|お気に入りはクルークス&藤井の右サイド。常本はもっと注目されていい【J1月間ベストイレブン・4月】

平畠啓史チョイス“至極の11人”|お気に入りはクルークス&藤井の右サイド。常本はもっと注目されていい【J1月間ベストイレブン・4月】

カテゴリ:Jリーグ

平畠啓史

2022年05月07日

ボールも運べて対人も強い岩田

平畠氏がセレクトした4月のJ1月間ベストイレブン。MVPはFC東京のスウォビィクを選出。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 芸能界屈指のサッカー通で、J1からJ3まで幅広く試合を観戦。Jリーグウォッチャーとしておなじみの平畠啓史氏がセレクトする「J1月間ベストイレブン」。4月の栄えある11人はどんな顔ぶれになったか。MVPには、FC東京の守護神が選出された。

――◆――◆――

 GKはFC東京のヤクブ・スウォビィク。4試合連続無失点。そのうち3試合はスコアレスドローだが、ぎりぎりの試合を無失点で終えられる証でもある。シュートストップだけでなく、ディフレクション後のセカンドアクションのポジション修正も素晴らしい。4月、3連勝を含む5戦負けなしのサンフレッチェ広島の大迫敬介の活躍も見逃せない。

 4バックの右には広島の藤井智也。広島の右の槍の仕掛けは見ていて爽快。ボールを受けただけで期待感は高まるが、仕掛けない時の状況判断も優れている。突破が期待できるサイドプレーヤーは見ていて楽しい。

 通常は右サイドバックだが、左サイドには鹿島アントラーズの常本佳吾。派手さはなくとも、ミスは少なく堅実で鹿島の右サイドには欠かせない存在。結果的にボールは触らなくても、守備時のカバーリングや攻撃時の味方のサポートを怠ることはない。もっと注目されてもいい選手と個人的には思っている。

 センターバックには広島の荒木隼人。慌てることのないプレーで全体に安心感を与え、対人でも簡単に負けることがない。4月負けなしの広島では荒木ほか、野上結貴、佐々木翔の3バックの安定感は素晴らしかった。

 もう一人のセンターバックには鹿島の三竿健斗。三竿がセンターバックに入ってから、鹿島のディフェンスラインは落ち着いた。状況判断に優れ、奪ったボールを正確なフィードで味方に繋げることができる。三竿だからこそ表現できるセンターバック像がこれからもさらにブラッシュアップされそうで楽しみだ。
 
 ボランチは横浜F・マリノスの岩田智輝。岩田のポテンシャルは底知れない。ボランチでもセンターバックでも常に水準以上のプレーを披露する。ボールも運べて対人も強い。優れた技術の持ち主ではあるが戦うことも厭わない。ポジションはどこであろうとも、スタメンの11人の中に必ず入れておきたい選手だ。

 ボランチのもう一人は鹿島の樋口雄太。今年、鹿島に加入したばかりだが、何年もこのクラブでプレーしているような趣がある。プレーに無駄がなく、チームにとって必要なプレーを高次元かつシンプルに披露することができる。これから、さらに存在感は増していくだろう。

【PHOTO】エディオンスタジアムに駆けつけたサンフレッチェ広島サポーター!
 
【関連記事】
「闘莉王と組ませたら喧嘩する」城彰二が“日本代表の歴代ベスト11”を選出!中田英が選外の中盤は? 森保Jからセレクトした2選手は…
日本人選手が躍動するスコットランドで起きた、「日の丸撤去事件」の裏事情【現地発】
「日本は質とインテンシティが高い」川崎のチャナティップが米メディアにJリーグを語る!「札幌は恋しい。でも…」 
悲願のアジア制覇ならず…川崎はなぜACLで勝てないのか。谷口&鬼木監督が語る状況判断の重要性【分析コラム】
急逝した敏腕代理人ライオラ氏の“顧客ベスト11”を伊メディアが発表。イブラ、ハーランド、ポグバら豪華な顔ぶれに

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ