「闘莉王と組ませたら喧嘩する」城彰二が“日本代表の歴代ベスト11”を選出!中田英が選外の中盤は? 森保Jからセレクトした2選手は…

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年05月01日

「すごく悩んだ」というポジションは?

98年のフランスW杯に出場した城氏が選んだ日本代表の歴代ベスト11は? (C)Getty Images

画像を見る

 元日本代表FWの城彰二氏が、自身のYouTubeチャンネル『JOチャンネル』で、これまでワールドカップに出場した日本代表の全選手の中から「ベスト11」を選出した。

 システムは4-4-1-1を採用。GKは城氏の同級生で、1998年大会から4大会連続出場を果たした川口能活をチョイスした。
 
「上がって行けて、守備もそれなりにできる選手」を選択した両SBは、右が内田篤人で、左は相馬直樹。98年大会で共闘した後者については、「長友(佑都)もいいけど、あの時代にあれだけ駆け上がって戻って来れる選手はなかなかいなかった。意外にいいボールを上げる。好きな選手」と評した。

「すごく悩んだ」というCB2枚は、“特例”で2010年大会のレギュラーコンビである田中マルクス闘莉王と中澤佑二、そして現代表のキャプテン吉田麻也の3人をセレクト。「闘莉王は先発」とし、もう一枠を中澤と吉田で争うとした。

「(3人とも)堅いし、高さもあるし、闘える。高さ対策をしないと厳しい」

 城氏は「本当は松田直樹を入れたかったんだけど、あいつの性格を考えると、闘莉王と組ませたら喧嘩する。お互いに我が強いから」と続けている。
 
 ダブルボランチは長谷部誠と遠藤保仁だ。前者については「(現代表の)遠藤航も気が利くし、すごくいいけど、ベテランの長谷部がいろいろな場所をカバーする」とその役割に言及。後者については、こう語っている。

「ヤットはある程度自由、このチームのキー。足が速いわけでも長い距離をスプリントするわけでもないけど、頭を使ってバランスを取りながら、ボールを受けて配ってくれる」

 攻撃陣は、激戦区の2列目には、主軸として3大会に出場した中田英寿を選ばず、右から中村俊輔、小野伸二、名波浩、1トップには森保ジャパンのCF大迫勇也を選出した。

 左サイドハーフに、“98年組”のレフティ名波を配置した理由については、「クロスも得意だし、(切り返して)アウトサイドで縦パスを入れることもできる。ここに置いたのは、相馬直樹との相性がいい。オーバーラップもしやすくなる」と語っている。

【動画】城彰二がW杯出場メンバーから選んだ「日本代表の歴代ベスト11」をフォーメーションでチェック
【関連記事】
「あの人はやばかった」「センスの塊」城彰二がマリノス移籍時に驚かされた“天才MF”は? 中村俊輔ではなく…
「ヒデとはやりたくない」元日本代表の城彰二が中田英寿との“口論”を回顧!「おい城、追いつけよと怒られて…」
「ふざけんなよ、なんで俺が!」城彰二が10代で岡田武史氏に暴言を吐いた過去を告白!「生意気だよね、オカダさんに向かって」
「すっごいデカかった」内田、松井、大久保の3人が衝撃を受けた、“想像以上にゴツい”世界的名手とは?「びくともせん」
「そんなでしたよ」内田篤人が“世界最高峰の司令塔”との対戦を回顧!「彼は凄いって聞いていたけど、『え、これが?』」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ