「青森山田戦は衝撃だった」選手権決勝で味わった“最大の屈辱”をバネに…大津の新主将・小林俊瑛が新たな決意「自分が期待に応えないと」

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希

2022年05月04日

「本当に何もさせてもらえなかった」

0-4の完敗を喫した選手権の決勝から約4か月。大津の小林(9番)はその悔しさと向き合いながら、新たな歩みを進めている。写真:松尾祐希

画像を見る

 高校サッカー選手権の決勝から約4か月。昨冬の大舞台を知る大津のFW小林俊瑛(3年)は悔しさを噛み締めながら、試行錯誤を続けている。

 谷口彰悟(川崎)や植田直通(ニーム)など、多くの選手を日本代表に育て上げた平岡和徳総監督から期待をかけられ、1年次からトップチームで出場機会を得てきた。昨年はレギュラーに定着。191センチのサイズを生かした空中戦の強さを武器にゴールを重ね、世代別代表に招集されるまでに成長を遂げた。

 同年冬の選手権でも2得点をマーク。しかし、青森山田との決勝では何もさせてもらえなかった。

 チームとして放ったシュートは0本。0−4で敗れた一戦は、今でも鮮明に覚えている。

「自分にとって衝撃的な試合でした。まずボールが前に来ない。来たとしても全部はね返される状況。なかなか攻め手がなく、本当に何もさせてもらえなかった」
 
 エアバトルは県内では負け知らず。U-18高円宮杯プレミアリーグ2021でも11試合に出場し、全国トップクラスの強度を理解していたはずだった。だが、現実は甘くない。ストロングポイントを封じられ、サッカー人生最大の屈辱を味わった。

 迎えた今季はキャプテンを託され、チームを背負う立場になった。先頭に立つタイプではないが、選手権の悔しさをリアルに知る数少ない選手と考えれば自然の流れである。

「(選手権)決勝の舞台を経験したのが自分と田原(瑠衣)だけ。悔しさを知っているのはふたりだけなので、悔しさを糧にやらないといけない。去年達成できなかった選手権優勝を目標にしているし、そのために毎日強度の高い練習をしている。それを信じてやっていくしかない」

 キャプテンとして、青森山田戦の悔しさを仲間に伝える役割がある。だからこそ、山城朋大監督も小林をリーダーに選んだ。

「決勝の舞台を知っている。その想いをどれだけチームに表現できるか。それを彼に求めている。一昨年の悔しさを持っている森田(大智/現・早稲田大1年)がやりましたけど、彼も本当はキャプテンをやるようなタイプではない。でも、あえて任せ、県大会で敗退した悔しさを背負って1年間やってもらいました。なので、小林も選手権決勝で負けた悔しさを持って、その想いを表現して欲しいんです」(山城監督)
 
【関連記事】
「とんでもない化け物」内田篤人が17歳の怪物高校生DFを絶賛!「CBで飛び級って凄いんですよ」
「高校生で久しぶりにFWらしいFWを見た」中村憲剛が称賛した“怪物ストライカー”は? 「注目してほしいのは…」
松井大輔が「暴れん坊だった」盟友・大久保嘉人の高校時代を回想。練習試合での壮絶な削り合いも暴露「ヨシト怒っちゃって…」
チェイス・アンリはいかにしてシュツットガルト入団を果たしたのか。尚志高での3年間の驚くべき“急成長”をひも解く
城彰二が持論! クラブユースと高校サッカーはどちらを選ぶべき? 「チャラかったけど憧れた」「じゃあ、何人が昇格してるの?」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ