「スズキが鹿島を首位に導いた」日本通のブラジル人記者が鈴木優磨を称賛! 守備陣にも賛辞

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年04月30日

1ゴール・1アシストで勝利の立役者に

C大阪戦で獅子奮迅の働きをみせた鈴木。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 4月29日、J1リーグの第10節が行なわれ、セレッソ大阪対鹿島アントラーズは0-3でアウェーの後者が快勝した。

 クラブとして1000試合目という記念すべき一戦で、1ゴール・1アシストという活躍をみせたのが、キャプテンマークを巻いたFW鈴木優磨だ。前半6分に先制点を叩き出すと、14分に松村優太のゴールをお膳立て。ダメ押しの3点目の起点にもなり、勝利の立役者となった。

 このパフォーマンスを、ブラジル・メディア『globo』の日本通、チアゴ・ボンテンポ記者も「彼の活躍が鹿島を首位に導いた」と称えている。
【動画】エース鈴木優磨が躍動! C大阪対鹿島のハイライトをチェック
「試合で先陣を切ったのは鈴木で、時計が15分を過ぎる前にゴールとアシストをマークした。21歳の有望株、松村優太もJ1初先発で1ゴールと好調だった。またクリーンシートを達成した守備面も良かった。GKクォン・スンテ、SBの常本佳吾、CBのブエノと関川郁万が素晴らしいディフェンスを見せた」

 この勝利で鹿島は首位に浮上。ボンテンポ記者は「1993年のJリーグ発足以来、一度も降格することなく在籍しているのは鹿島と横浜F・マリノスだけ。その鹿島は優勝を狙いひた走っている」と綴っている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】鹿島アントラーズの歴史を彩った名手たちと歴代ユニホームを厳選ショットで一挙紹介!
【関連記事】
阿修羅のごとく、“凄み”が増した鈴木優磨。威風堂々たる立ち振る舞いで鹿島をけん引。潔く、一切の迷いも妥協もなく勝利を追い求める
「すっごいデカかった」内田、松井、大久保の3人が衝撃を受けた、“想像以上にゴツい”世界的名手とは?「びくともせん」
「スペインとは全く違う」神戸のロティーナ新監督が“日本で受けた衝撃”を母国メディアに明かす!「スタジアムに着くと…」
「偉大な選手になる」元神戸ビジャが称賛した3人の日本人は? 母国スペインとW杯で対戦する森保Jは「本物のストライカーがいない。だが…」
「いい写真」「好きなコンビ」鹿島・鈴木優磨が盟友と久々に再会! 満面の笑みで向き合う“エモい”2ショットに反響!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ