【J1採点&寸評】FC東京2-0G大阪|MOMは華麗かつ豪快なドリブルシュートを決めたブラジル人アタッカー。G大阪は枠内シュートが…

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2022年04月29日

先制点を決めたアダイウトンの活躍も評価に値

【警告】FC東京=安部(34分)、J・スウォビィク(90+5分)G大阪=なし【退場】なし【MAN OF THE MATCH】アダイウトン(FC東京)

画像を見る

[J1第10節]FC東京2-0G大阪/4月29日/国立競技場

【FC東京|採点】
スタメン)
GK
ヤクブ・スウォビィク 6.5
DF
長友佑都 6
木本恭生 6
エンリケ・トレヴィザン 6
小川諒也 6
MF
青木拓矢 6
安部柊斗 6.5
松木玖生 6.5
FW
アダイウトン 6.5(63分OUT)
ディエゴ・オリヴェイラ 6.5(80分OUT)
永井謙佑 5.5(80分OUT)

途中出場)
MF
レアンドロ 6.5(63分IN)MAN OF THE MATCH
MF
髙萩洋次郎 -(80分IN)
FW
山下敬大 -(80分IN)

監督)
アルベル 6.5
 
【FC東京|寸評】
 雨天に加え、大黒柱の森重が不在の影響もあり、30分過ぎまでは組み立ての局面で苦戦。それでもアダイウトンの先制弾(38分)で落ち着くと後半に加点して国立で勝点3を手にした。

 個人に目を移せば、簡単ではないシュートで先制点を決めたアダイウトン、復帰戦で華麗かつ豪快なドリブルシュートを叩き込んだレアンドロの活躍は評価に値。前線では、CFのD・オリヴェイラも持ち前のキープ力で相手にとって嫌な存在だった。ともに豊富な運動量でピッチの広範囲をカバーした松木と安部、試合終盤に好セーブがあったGKスウォビィクも奮闘する一方で、右ウイングの永井は見せ場が限られた。MOMはインパクトを重視してレアンドロに。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定したこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェストTV編集長)

【PHOTO】FC東京の歴史を彩った名手たちと歴代ユニホームを厳選ショットで一挙紹介!

【FC東京】「私はすごく泣いて…」。アマラオが語る〝国立競技場の思い出“
 
【関連記事】
【FC東京】ひと言でファンタスティック。J1初開催の新国立競技場でレアンドロが決めたドリブルシュートは衝撃だった
【J1】鹿島が3試合ぶり白星で首位浮上! FC東京は新国立でG大阪に2発完勝、清水は4戦連続痛み分け…
「そんなでしたよ」内田篤人が“世界最高峰の司令塔”との対戦を回顧!「彼は凄いって聞いていたけど、『え、これが?』」
「少林寺サッカーは相変わらずだ」広州の中国人DFが今度は“身体に蹴り”で辛辣批判! 母国は嘆き「日本や韓国のメディアは不満を…」
フェイク? 現実?メッシの高精度すぎるロングキック“3連発”が大反響!「別の惑星から来たのか」「本当に蹴ったの?」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ