「少林寺サッカーは相変わらずだ」広州の中国人DFが今度は“身体に蹴り”で辛辣批判! 母国は嘆き「日本や韓国のメディアは不満を…」

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年04月29日

「自分たちのアイデンティティをアジア全域に知らしめた」

身体に蹴りを入れる形となり、PKを与えた20歳のチェン・クン。(C)Getty Images

画像を見る

 中国の広州FCに所属する選手のラフプレーが“また”話題となっている。

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)に出場している広州は 4月15日に行なわれたジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)との第1節(0-5)で、26歳のDFグァン・ハオジンが相手FWともつれて倒れ込んだ際、後ろから頭に蹴りを入れてレッドカードを受けた。

 頭にキックという蛮行とともに物議を醸したのは、その後のクラブの処分だ。選手規定に違反したとして、なんと翌日に解雇したのだ。これには、国内外から「厳しすぎる」という声が数多く寄せられた。

【動画】相手選手の頭に後ろからキック。レッドカード→即解雇となった広州DFの衝撃ラフプレー
 そんな広州FCが、26日の第5節で再びジョホールと対戦。すると、1点ビハインドで迎えた後半アディショナルタイム、ペナルティエリア内で浮き球のパスに反応した敵FWラマダン・サリファの身体にDFチェン・クンが蹴りを入れたのだ。それほど激しい接触ではなかったものの、主審はPKと判定し、これがダメ押し点となった。

 韓国メディア『MHN SPORTS』は、このプレーを「自国リーグに続き、国際大会でも少林寺サッカーは相変わらずだった」と酷評。「ボールはすでに自分の頭の上を通り過ぎた状況だったが、チェン・クンはサリファに意味のない足を伸ばして、自分たちのアイデンティティをアジア全域に知らしめた」と皮肉った。

 この記事を受けて、中国のポータルサイト『捜狐』は、「中国のサッカーは本当に恥ずべきで、ACLで少林寺サッカーをしていると韓国メディアは嘲笑した」と報道。次のように悲嘆している。

「中国スーパーリーグのチームはACLに若手中心で臨んでいるが、若いということは誰も考慮しない。中国のサッカーが混乱していると分かっているので、日本と韓国のメディアであろうと、ベトナムのメディアであろうと、中国勢がACLをリスペクトしていないと考え、連敗していることに不満を持っている」

 ここまで5戦5敗で0得点・23失点の広州は、これで昨シーズンも合わせ、ACL11連敗となった。最終節の相手はJリーグ王者の川崎だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】完全に遅れて身体にキック!物議を醸している中国人DFのラフプレー
 
【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!
【関連記事】
「驚きだ」頭にキック→即解雇の中国人DFにまさかの“疑惑”が浮上と母国報道!「クビにしたのも不思議ではない」
「またACLで悲劇!」浦和の6発圧勝に中国メディアがなぜ歓喜?「我々のサッカーはジョークだと言われたが…」
「ひどい記録だ!」川崎に8発完敗した広州FCの“衝撃スタッツ”に中国メディアが嘆き!90分間で「0」だったのはシュート数ではなく…
「スペインとは全く違う」神戸のロティーナ監督が“日本で受けた衝撃”を母国メディアに明かす!「スタジアムに着くと…」
「スウェーデンより進んでいる」浦和MFモーベルグが日本で受けた“衝撃”を母国紙に語る!「とても気に入っている」と称賛したのは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ