【FC東京】ひと言でファンタスティック。J1初開催の新国立競技場でレアンドロが決めたドリブルシュートは衝撃だった

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2022年04月29日

復帰戦でいきなり大仕事をやってのけた

国立競技場でのG大阪戦で復帰したレアンドロ。見事なドリブルシュートを決めた点で勝利の立役者だった。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 FC東京の1-0で迎えた65分、敵陣でドリブルを開始したレアンドロがそのままシュートまで持ち込み、貴重な追加点。大怪我から復帰し、いきなり国立の試合で衝撃をもたらしたブラジル人アタッカーの活躍を、アルベル監督も「彼の存在感は明確」と表現していた。

 J1初開催の新国立競技場で大仕事をやってのけたレアンドロの活躍は称賛に値した。最大のハイライトとなったドリブルシュートはひと言でファンタスティックであり、このブラジル人ならではの技巧でもあった。絶妙なコース取りで相手DFを無力化した技術がとりわけ素晴らしく、シュートのタイミング、コースも完璧だった。

 
 復帰戦でいきなり衝撃をもたらしたレアンドロ自身も、試合後にホッとした表情でゴールシーンを次のように振り返った。

「ありがとうございます。正直、あのシーンを明確に覚えていません。こぼれ球が自分のところに来てドリブルして、ゴールが見えていたのでシュートを打ちました。長期離脱してきたなかで戻ってきて、久しぶりの試合でゴールという形でチームの勝利に貢献できたので、ゴール裏のサポーターのほうに走っていって喜びを表現しました」

 ドリブルシュートだけではなく、持ち前のテクニックで「中盤に落ち着きをもたらした」(アルベル監督)レアンドロは、ここからFC東京のサッカーをレベルアップさせるうえで真のキーマンになるかもしれない。組み立ての局面でD・オリヴェイラのキープ力に依存気味だった現状をレアンドロが打破してくれれば、FC東京の攻撃がスケールアップする可能性は高い。

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェストTV編集長)
 
【関連記事】
【J1採点&寸評】FC東京2-0G大阪|MOMは華麗かつ豪快なドリブルシュートを決めたブラジル人アタッカー。G大阪は枠内シュートが…
松木玖生はA代表に選ばれるレベルにあるのか?【コラム】
国立改修後初のJ1ゲームでFC東京が勝利! アダイウトン先制弾、レアンドロ復帰弾でG大阪を2-0で下す
【J1】鹿島が3試合ぶり白星で首位浮上! FC東京は新国立でG大阪に2発完勝、清水は4戦連続痛み分け…
「小野伸二と同じくらいの衝撃」FC東京“高卒ルーキー”松木玖生の圧巻パフォーマンスに反響!「日本の未来を担う」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ