【J1採点&寸評】横浜×甲府|攻守に盤石の戦いぶりを見せた横浜が甲府を寄せつけず、2連勝を達成

カテゴリ:Jリーグ

藤井雅彦

2015年08月16日

攻撃方向を決めたラフィーニャは貴重な追加点も。

【警告】なし【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】ラフィーニャ(横浜)

画像を見る

【試合内容】
 序盤からホームの横浜が甲府を圧倒した。7分、齋藤からラフィーニャ、さらに三門とパスがつながり、背番号6が今季3ゴール目を右足で豪快に決めて横浜が先制に成功する。
 
 その後も鋭い出足で甲府の攻撃を寸断し、主にカウンターからチャンスを作り出した横浜は、54分に相手DFのパスミスを奪い、最後はラフィーニャが今季初ゴールをゲット。リードを2点に広げ、守備陣も破綻なく無失点に抑え、2連勝を達成した。

【J1 PHOTOハイライト】2ndステージ・7節
 
【チーム採点・寸評】
横浜 6.5
ラフィーニャを筆頭にアデミウソン、齋藤らアタッカー陣が好調ぶりを示す。さらに三門がゴールを決めるなど、2試合で5得点と前線が活性化。守備では中澤、ファビオを中心に自慢の堅守を取り戻し、2試合連続の完封勝利。
 
甲府 5
試合開始早々の失点でゲームプランが崩れてしまったか。これまで横浜に対しては堅さと粘り強さを基調とした守備を見せていたが、この日は全体的に緩慢な守備が目立った。2点のビハインドを撥ね返すだけのパワーもなかった。
 
【横浜|採点・寸評】
GK
21 飯倉大樹 6
豪雨の中でも自慢の足技の精度は落ちなかった。クロスに対してパンチングの判断も的確だった。
 
DF
13 小林祐三 6.5
アデミウソンが気持ち良く攻撃に専念できるのは、背後にいるこの男の存在が欠かせない。
 
22 中澤佑二 6
クロスに対して先に触ることを徹底。ただしFKから一度だけバレーに競り負けた。
 
5 ファビオ 6
置き去りにされかけたところから足を伸ばすなど、リーチの長さを活かして防波堤となる。
 
23 下平 匠 6
効果的なタイミングでオーバーラップを仕掛けた。とはいえ、最後のクロス精度をやや欠いた印象。
 
MF
28 喜田拓也 6.5
チームがボールを奪われた瞬間に守備を開始。鋭いプレッシャーで相手から自由を奪った。
 
8 中町公祐 6.5
喜田とともにインテンシティの高いプレーを体現。小さなミスを補って余りあるファイトを見せた。
 
39 アデミウソン  6.5
少しズレ気味のボールでも技術の高さで足もとに収める。ラフィーニャとのコンビは強烈。
 
6 三門雄大 6.5
素晴らしいファーストタッチで抜け出して右足を鋭く振り抜き、値千金の先制ゴールを決める活躍ぶり。
 
11 齋藤 学 6.5
自身はゴールこそなかったものの、ブラジル人アタッカーたちとのコンビネーションは抜群で脅威を与えた。
 
FW
18 ラフィーニャ 7
ビルドアップ時はハーフウェーライン付近まで下がって攻撃方向を決める役割。貴重な追加点もゲット。
 
交代出場
MF
10 中村俊輔 6
この日はトップ下に入ってプレー。スライディングを仕掛けるなどアグレッシブさを披露。
 
MF
25 藤本淳吾 5.5
出場直後にバイタルエリアでフリーとなり左足でシュート。しかし枠を捉えられなかった。
 
FW
16 伊藤 翔 5.5
ピッチに立った時にはアデミウソンとラフィーニャは不在で連係を見せられず。チャンスも決め切れず。
 
監督
エリク・モンバエルツ 6
前節と同じスターティングメンバーで臨み、今節も完封による完勝を手にした。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ