かつての恩師も驚く成長ぶり! 流経大柏・堀川大夢が人生を大きく変えた“アタッカー”としての挑戦

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希

2022年04月16日

後半ATに冷静沈着なプレーで決勝点アシスト!

流経大柏の堀川はプレミアリーグ第3節の横浜ユース戦で躍動。先制ゴールに加え、決勝点もアシストした。写真:松尾祐希

画像を見る

 流経大柏のMF堀川大夢(3年)は、セレッソ大阪U-15時代に全国大会で優勝を経験している。ポジションはSBだった。CBも少しだけやった経歴はあったが、アタッカーで起用されたことはない。今のように攻撃的なポジションで個性を放つとは誰も想像してなかっただろう。そんな堀川が、かつての恩師たちが見守る前で左サイドハーフとして躍動した。

 U-18プレミアリーグ高円宮杯EASTの3節。対戦相手の横浜F・マリノスユースのベンチには、C大阪U-15時代にお世話になった大熊裕司監督と田島一樹コーチが座っていた。

 とくに田島コーチとは、U-15時代に監督として直接指導を受けた間柄。本人は「特別に何か気持ちが入っていたわけではない」と振り返ったが、堀川は開始5分に挨拶代わりの一撃を見舞う。右SB大川佳風(3年)からのラストパスを右サイドで受けると、相手をうまく外してゴールに流し込んだ。

「1点目は(相手が)滑ってくると思ったので、右に切り替えしたらうまくいった」

 手応え十分の先制弾で勢いに乗ると、以降はアグレッシブなプレーで攻守において輝きを放つ。攻撃では推進力を発揮し、相手がふたり掛かりで来てもどんどん前に入っていく。
 
「日本一の選手になれと監督から言われていて、自分も意識している。自分たちよりも相手が強いと思わない」

 試合前に流経大柏の榎本雅大監督から何度も言われたことを心に留め、決して怯まない。テクニカルなタイプではないが、狭いスペースでは相手の意表を突く足技で局面を打開するなど、チャレンジする姿勢を貫いて相手に立ち向かった。守備でも献身的にプレスをかけ、二度追い、三度追いをいとわない。

 懸命に走り続けた結果、後半はゲームから消える時間が長くなった。前半のように攻撃で違いを作れなかったが、最後の最後に見せ場が訪れる。

 2点を先行したものの、最終盤の連続失点で2−2となった後半アディショナルタイム。MF大沼陽登(3年)のラストパスを受け、ゴール前に抜け出した堀川は無我夢中で前にボールを運んでいく。目の前はGKだけとなったが、わずかに横から相手DFがカバーに来ていた。

 誰もが「シュートを打つぞ!」と思っていた次の瞬間だ。急停止をして、ゴール前に走り込んできたMF橿本心(3年)へのラストパスに切り替えた。これがアシストとなり、堀川がチームに勝利をもたらした。

 冷静沈着なプレーで最後の最後に大仕事をやってのけた堀川。決勝点が決まると、感情を爆発させる。仲間の輪を外れてもひとりで何度も雄叫びを上げた。
 
【関連記事】
チェイス・アンリはいかにしてシュツットガルト入団を果たしたのか。尚志高での3年間の驚くべき“急成長”をひも解く
「無気力で気に入らない」と久保建英を先発から外した元日本代表監督の判断に内田篤人が見解「いいよ、アギーレ」
「恥知らず」“頭にキック”でレッドの中国人DFを即解雇→広州FCの処分に識者から批判殺到!「目的は何だ? 厳格な軍隊的規律を示すためか?」
「次元が違う、アホちゃうか」本田圭佑、ロシア侵攻問題への批判に反論「まともな議論ができる人がこれほど少ないとは」
「日本ではひどい思い出ばかり。私はクソだった」元ジェフのセルティックOBモラフチクがJリーグ時代を回想!「旗手には嫉妬したよ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ