「日本ではひどい思い出ばかり。私はクソだった」元ジェフのセルティックOBモラフチクがJリーグ時代を回想!「旗手には嫉妬したよ」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年04月13日

「37歳にして日本でやるのはとても大変だった」

セルティックでプレーした後にジェフへ加入したモラフチク。(C)Getty Images

画像を見る

 セルティックOBのリュボミール・モラフチクは、2002年の退団後にジェフユナイテッド市原(当時)でプレーした。それから20年、逆に日本からスコットランドに渡った選手たちの活躍に、モラフチクが言及している。

『THE SCOTTISH Sun』によると、旗手怜央が2月のオールドファームでゴールを決めた際のセレブレーションについて、モラフチクはハタテがやったことを見て、嫉妬したよ。あれは私に似ていたからね! 同じセレブレーションだった。彼は私の映像を見たんじゃないかな!」と冗談を飛ばした。

「私が決めたのは20年前だが、またそれを見ることができたのはファンタスティックだ。フランスからスコットランドに渡ってやるのは簡単じゃなかったがが、そう遠くはない。日本からスコットランドは遠い。だから、彼のことはうれしいね」

 モラフチクは「小さいが、とてもシャープで、いつも良いポジションをとっている」と古橋亨梧を称賛。「日本人選手たちのことは本当に考えていなかった」と、元Jリーガーたちの躍進に驚きつつ、「セルティックにとってファンタスティックだ」と賛辞を寄せている。

【動画】OBモラフチクが嫉妬? 旗手の衝撃2発&ゴールセレブレーションをチェック
 一方、自身は日本で思うように活躍できなかった。「37歳にして日本でやるのはとても大変だった」と振り返っている。

「夏は暑くて湿度が高く、より年をとった選手には非常に大変だったんだ。周囲のもっと若い選手たちとやっていくのは簡単じゃなかった」

 モラフチクは「日本にはまだとても良い思い出がある。(ジョゼフ・)ベングロシュとブラジルとトルコのワールドカップ準決勝も見に行った。良い思い出だったが、それ以外はひどかったよ。ひどいケガをしてしまった。それでもカップ戦に出て、負けて、私はくそったれだった」と続けた。

「いつも足首が痛かった。ベングロシュにはもう1試合トライすると言ったが、また我々は負け、私はクソったれだった。あまりに失望してやめた。3か月の給料を残して去った。あれがあれば良い休暇を過ごせるだろうが、お金がすべてではない」

 元チェコスロバキア代表で、フランスやスコットランドで活躍したモラフチクでも、異なる文化への適応には苦しんだ。それだけに、セルティックで奮闘する日本人選手たちの活躍は見事と言えるだろう。今後もさらに飛躍することを願うばかりだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】左足で正確なクロス!旗手がマークした絶妙アシスト

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!
【関連記事】
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「日本はマイナーに見えるかもしれない。だが…」神戸FWボージャンがJリーグで受けた“衝撃”を母国紙に語る!「ここには優秀な選手がいる」
「暴行した人と食事に行きますか?」スマホ破壊のC・ロナウド、被害少年の母親が“招待”を怒りの拒絶!「息子は会いたくないと言っている」
「オレと比較されるだろうが気にするな」中村俊輔がセルティックの後輩・古橋亨梧への助言を明かす!「チャ・ドゥリやキ・ソンヨンにも…」
「ハタテは只者じゃない」リバプールの名手も旗手怜央の2G1Aに衝撃!レッズファンも反応「いったい誰?」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ