「死ぬまで忘れない」ポルトガルとの大一番でPKを外したトルコのエースが代表引退を表明

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2022年03月26日

反撃の狼煙を上げるゴールを決めたものの…

W杯出場を逃し、試合終了後に涙を流すトルコ代表のブラク。(C)Getty Images

画像を見る

 トルコのエースが悲痛な思いで代表を去ることとなった。

 

 現地時間3月24日、トルコ代表はワールドカップ欧州予選のプレーオフ準決勝でポルトガル代表と対戦。1-3で敗れ、3位に入った2002年の日韓大会以来の本大会出場を逃した。

 

 試合はホームのポルトガルに前半で2点のリードを許す苦しい展開となったが、後半にトルコが反撃を開始。65分にエースのブラク・ユルマズが巧みな連携から1点を返すと、85分にはエネス・ウネルが相手ペナルティーエリア内で倒されてPKを獲得した。

 

 しかし、キッカーを務めたブラクのシュートは無情にもクロスバーをかすめ、同点に追いつく絶好の機会を逃してしまう。その後、試合終了間際にポルトガルにダメ押し点を許し、トルコは北マケドニアとの決勝に駒を進めることができなかった。
 

 自身のPK失敗が予選敗退の大きな要因となってしまった36歳のストライカーは、チームメイトと抱き合いながら涙を流し、ピッチを後にした。

 

 その試合後だった。インタビューに応じたブラクは「今日が最後の試合となった」と、トルコ代表から退くことを表明すると、続けて「ただ、私は死ぬまでこの日の失敗を忘れることはないだろう」と苦しい胸の内を明かしたのだ。


 ブラク自身は元々、PK失敗がなかったとしてもW杯行きを逃した際には、後進に道を譲る考えを持っていたようだが、なんとも悲劇的な終焉となってしまった。

 

 代表は引退するものの現役生活は続行するようで、ひとまず22年6月まで契約を残しているリールでのプレーを続けるという。

 

 ブラクは2006年4月のアゼルバイジャン戦で代表デビューを飾り、これまで代表通算77試合で同国歴代2位の31ゴールをマーク。残念ながら世界最高峰の舞台にも立つことはできなかったが、「トルコの王様」の勇姿は多くのサッカー・ファンの記憶に残ることだろう。
 

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【動画】W杯欧州予選プレーオフ準決勝:ポルトガル対トルコのハイライトをチェック

【関連記事】
「アジアは日本と韓国の遊び場だ」対戦するベトナムのメディアが森保Jの強さに驚嘆!「三笘や久保でさえベンチ、堂安は招集外、前田や古橋も…」
W杯POでベイルが圧巻2ゴール! 超絶FK弾に反響!「衝撃の一撃だ」「アンチェロッティ、見てるか?」
「最大の失望」欧州王者イタリア、まさかのW杯予選PO敗退にマンチーニ監督は落胆。ヴェッラッティは「受け入れられない。悪夢だ」
アギーレ就任で久保建英はどうなる? 現地メディアは韓国代表MFとのポジション争いに注目!「立場が変わる可能性もある」
ウクライナ軍の兵士が“永久追放”の元代表主将のユニホームを“玄関マット”にする驚きの動画が反響「ティモシュクにはがっかりだ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ