【セルジオ越後の天国と地獄】必死さに欠けた日本は貴重なレッスンを受けたね

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2015年08月02日

3人を入れ替えた日本にポジティブな変化は見られなかった。

時間の経過とともに相手の勢いに押された日本。後半に中盤をテコ入れしたものの、相手のハイボール中心の戦略にその中盤を消されてしまった。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 出足は悪くなかったよね。開始3分に武藤の代表初ゴールで先制に成功して、相手も動揺しただろうし、その後もチャンスがあって、見通しは明るいものだった。

【マッチレポート】日本 1-2 北朝鮮

【PHOTOギャラリー】東アジアカップ 第1戦|日本 1-2 北朝鮮
 
 でも、時間の経過とともに雲行きは怪しくなっていったよね。徐々に北朝鮮も落ち着きを取り戻してきて、逆に日本は引き気味になって、そうなれば余計に相手の勢いが増してくる。前半の途中から相手のペースになりつつあった。
 
 日本は特にサイド攻撃が機能しなくて、中央に偏って仕掛けていたけど、体格に勝る北朝鮮のブロックに弾かれてしまっていたね。
 
 後半に入ると、北朝鮮は選手を入れ替えるたびに勢いが出てきていたし、ボール際の激しさや運動量、つなぎのリズムも落ちなかった。同じく3人を入れ替えた日本にポジティブな変化は見られなかった。後半は足が止まって、相手の良さしか目立たなかったし、逆転されるのもうなずける展開だった。
 
 特に気になったのは、日本の左サイドの守備。藤春はかなり難しい対応を迫られていたけど、前の選手が帰ってくるのか、中盤がサポートするのか、曖昧なままだった。まだ右サイドは、永井が懸命な戻りを見せていたけど、左サイドはボロボロだったね。
 
 試合運びも拙さがあったというか、北朝鮮は状況に応じて戦えているのに、日本はずっと同じパターンでやろうとしている。前でボールは収まらないし、ボランチは両方ともゲームを作れない。
 
 56分には柴崎を投入して、2ボランチ+トップ下から、アンカー+インサイドハーフにして現状打破を試みたけど、長身のパク・ヒョンイルを途中出場させてハイボールを駆使してきた北朝鮮の戦略の前に中盤を消されてしまっていた。パクをターゲットにそこに当てて、落としを拾って展開する。そうしたゲームプランの中で、日本は反撃の糸口を見つけられずにいた。
 
 そもそも、どうして柴崎はスタメンではなかったのかな。怪我明けで大事をとった? それなら、なぜ連れてきたのか。今さらだけど、万全のコンディションにない選手を招集したことに違和感が拭えない。クラブでなら分かるけど、代表でそれは違うんじゃないかな。もしかしたら、それだけ人材難ということなのかもしれないね。
 
【関連記事】
【日本 対 北朝鮮】サッカーダイジェスト特派記者の採点&寸評
【東アジアカップ】金田喜稔が北朝鮮戦を分析|“無理な縦パス”が多すぎた
【東アジアカップ】前回大会MVPの山口が語る失点回避術
【日本 1-2 北朝鮮】武藤の代表初先発初ゴールで先制するも、手痛い逆転負け…
【東アジアカップ】北朝鮮戦後の選手コメント集――「2失点目はCBふたりで相手のFWを見るべきだった」(森重)
【東アジアカップ】北朝鮮戦後の選手コメント集――「トップ下で不安もあったが、最初に点を取って余裕はあった」(武藤)
【東アジアカップ】不慣れな右SBで“最高難度のテスト”を受けた遠藤航。「イメージどおり」のアシストで存在感
【北朝鮮戦会見】ハリルホジッチ監督「フィジカル的な状態の差で、北朝鮮に支配されてしまった」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ