【柏レイソルの予想布陣】切り札ドウグラスに“三拍子揃った”アタッカー2名を補強! 前線の核を入れ替えチーム再編へ

カテゴリ:Jリーグ

鈴木潤

2022年02月07日

攻撃陣を中心に主力の移籍が相次いだシーズンオフ

神戸から加入したドウグラス。新たな得点源として期待がかかる。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 Jリーグは2月18日に川崎フロンターレ対FC東京のカードでJ1が開幕。30年目のシーズンがまもなくスタートする。今企画では、J1全18チームの最新予想布陣を公開。プレシーズンの動きから各チームのスタメンとポジション別の序列を予測する。今回は昨季15位の柏レイソルをピックアップする。

――◆――◆――

 2022年、柏はクラブ創設30周年を迎える。しかしメモリアルシーズンのお祝いムードに水を差すかのように、シーズンオフには攻撃陣を中心に主力選手たちの移籍が相次いだ。クリスティアーノ、瀬川祐輔、神谷優太、仲間隼斗が移籍した穴は決して小さくはない。だが一方で、昨シーズンの柏は極度の得点力不足に陥り、攻撃面において閉塞感があったのも確かだ。前述した選手たちの移籍という背景があったにせよ、昨シーズンの不振から脱却を期してクラブはチームの再編成へと舵を切った。
 
 昨年は新たに4人のブラジル人選手を獲得したが、入国規制による合流の遅れもあってチームにフィットできず、期待された働きができなかった。その反省点を踏まえ、「Jリーグで実績のある外国籍選手」という狙いで獲得したのがドウグラスだ。また、昨シーズンはクロス本数がリーグ6番目に多かったにもかかわらず、クロスからの得点が非常に少なかった。前線でのターゲット及び得点力不足解消の切り札として、高さとパワーのあるドウグラスにかかる期待は大きい。

 そして「シュート、ドリブル、パスの三拍子揃った選手を補強ポイントに置いた」(布部陽功GM)という意図で獲得に至ったのが小屋松智哉と中村慶太である。チーム全体としてビルドアップで前進していく術に欠け、攻撃が単調化する。その課題を克服するために、スピーディなドリブルだけでなく、スペースに顔を出してパスを引き出せる小屋松、展開力があり長短のパスで局面を変えられる中村に白羽の矢が立った。古賀太陽や上島拓巳によれば、キャンプにおける実戦形式のトレーニングでは、彼らが入ることでスムーズにパスを回せる場面が格段に増え、昨年からの変化が見られているという。

 ボランチとディフェンス陣に関しては、昨シーズンと顔ぶれがほとんど変わらず継続路線の色が強い。ただ、昨年は入国規制による合流の遅れもあって本領発揮とまではいかなかったドッジとエメルソン・サントス、足首の手術から復帰が待たれる大谷秀和、負傷によってフル稼働できなかった染谷悠太など、何かしらの理由で昨シーズンは戦力になりきれなかった選手たちが戻ってくることは間違いなくプラス材料だ。
 
【関連記事】
【J1全18クラブ補強査定】最も際立ったのは浦和。成熟路線の川崎を阻む一番手と見られる横浜の不安要素は?
【名古屋グランパスの予想布陣】前線に新戦力の抜擢も! 長谷川新監督の「熱を感じるサッカー」でリーグ制覇なるか?
【浦和レッズの予想布陣】“3年計画の最終年”は大幅入れ替えを敢行! 松尾、岩尾ら適材適所の補強も最大の不安は――
【北海道コンサドーレ札幌の予想布陣】興梠&シャビエルを加え、ミシャ・スタイルがより色濃く表現されるか
【2021-22移籍動向一覧】J1の新加入、退団、引退選手&監督動向まとめ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ