「私が知る限り初めてだった」冨安健洋がリバプール戦で二度のボールロスト…英国人記者が驚いた観衆のリアクションとは?【現地発】

カテゴリ:海外日本人

スティーブ・マッケンジー

2022年01月22日

17歳が先にプレーするのをベンチから眺めるのは…

リバプール戦では万全な状態ではなく、らしくないミスもあった冨安。(C)Getty Images

画像を見る

 イングランドでは今冬一番の寒さになるとの予報だった20日夜、カラバオカップ(リーグカップ)の準決勝・第2レグ、アーセナル対リバプールの一戦を取材しに、エミレーツスタジアムへ足を運んだ。

 2人の日本人選手が同時にスタメンに名を連ねる可能性もあったが、故障で数試合を欠場したアーセナルの冨安健洋が(やや驚きではあったが)先発に復帰した一方で、リバプールの南野拓実がベンチスタートとなり、それは実現しなかった。

 驚いたことに、リバプールは17歳のカイデ・ゴードンを右ウイングで起用した。私が南野の立場なら、はっきり言ってがっかりだ。主軸アタッカー2人(モハメド・サラーとサディオ・マネ)がアフリカ・ネーションズカップで不在のチャンスなのに、17歳が先にプレーするのをベンチから眺めるのは、いい気分ではなかっただろう。

 彼が第1レグで外した絶好機を決めていれば、この試合もスタメンだったのではないか。そう思わずにはいられなかった。

 冨安が不在の間、テレビのコメンテーターはその穴をしきりに指摘していた。ただ、この試合に限っては、その日本代表DFが穴となってしまった。

 リバプールの先制点は、冨安がディオゴ・ジョッタとの1対1で滑ったようになり、振り切られたところから始まっている。

【動画】冨安がジョッタに振り切られ…アーセナル痛恨の失点シーン
 それ以外では、無難な守備をしていたとは思うが、お世辞にも「優れていた」とは言えなかった。二度ボールを奪われたシーンでは、驚いたことに一部の観衆が彼を嘲笑した。私が知る限り、冨安に対してそんなリアクションがあったのは初めてだ。それだけ、失点につながる可能性のある一か八かのプレーだった。

 南野がゴードンと交代でピッチに入ったの63分だった。ゴールチャンスでのコントロールミスに象徴されるように、この日の彼のタッチとパスは、普段通りではなかったように見えた。そのシーンを除けば、日本のアタッカーはとても大人しかった。

 リバプールは、ヨーロッパカップ戦の決勝トーナメントのようなハイパフォーマンスを披露。77分にジョッタが追加点を挙げた勝負を決めた。

 試合後、南野と冨安はふたりで話をしていた。2月末の決勝でウェンブリースタジアムのピッチに立つことになったのは、前者の方だった。

取材・文●スティーブ・マッケンジー(サッカーダイジェスト・ヨーロッパ)

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】C・ロナウド、アグエロ、ベンゼマ、イブラ、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!
【関連記事】
「タケだけレベチやん」よろける久保建英に大爆笑したイ・ガンインはまさかの…マジョルカの“笑撃”ドリブル練習が大反響!「下手なバラエティー番組より面白い」
「プレーさせたくなかったが…」アルテタが冨安健洋の“ぶっつけ起用”を明かす。「彼は信じられないほどよくやっている」
決定機逸よりも深刻な南野拓実の“懸念材料”を英国人記者が指摘「チームメイトが躊躇しているのだとしたら…」【現地発】
「驚くべきことに2020年12月以来…」南野拓実の現状を地元紙が分析!「統計で見れば彼は今季の成功者」
「全員がメインキャスト、こんな豪華な…」日本代表23人発表に、対戦する中国のメディアは悲観「帰化選手全員を集めても勝つのは難しい」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ